小銭貯金、まずは何から始めるの?

小銭貯金、まずは何から始めるの?

さて、小銭貯金に挑戦してみるぞ!と意気込んでいるところだと思いますが、まずは何から始めればいいのでしょう。

 

 

小銭貯金なんてやったことない!とか、小学生以来やってないとか思うかもですが、とりあえず貯金箱がないと始まりません。

 

 

身近に有る100円ショップ等で缶やプラスチックの貯金箱等を購入し、財布の中にある余分な小銭の一部を貯金箱に入れてみることから始めましょう。

 

 

100円ショップには様々な貯金箱が置いてありますので選ぶのに困らないはずです。あなたに合った貯金箱を選んでください。100円玉のみで一杯にすれば10万円貯まる貯金箱等、ユニークな貯金箱が置いてありますよ。

 

 

貯金箱に入れる額ですが、最初は1円玉でも5円玉でも構いません。とにかく入れてみることです。それに慣れてきたら10円玉のみ、100円玉のみとして貯金箱を分けて貯める癖をつければ良いです。

 

 

まずは貯金をするという意識が大事です。

 

 

中途半端な気持ちで小銭貯金をしていると、貯めている途中で使いたいという欲が出てしまって、途中で貯金箱を開けて崩して使ってしまいがちなのです。

 

 

それが100円玉や500円玉などの大きい額なら尚更です。貯めるということは、自分との戦いでもあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

私は昔は計画性がなく、500円玉が一杯で30万円貯まる貯金箱に見入って購入し、貯めるぞ!と意気込んでいたのですが、当時は学生でしたのでそんな大金もちろん貯めることができません。

 

 

目先の30万円だけに目がいってしまってて、500円玉を10枚ほど入れた時点で無理だと諦めて、結局缶切りで開けて崩してしまいました。

 

 

貯めている小銭は無いものとして貯金箱に入れていく意識が大切なんですね。あるものとして意識してしまうと頼ってしまうので貯めることができません。

 

 

別の視点で目標額を設定するのもありだと私は思います。今日はいくら入れたとか、こまめに記帳していくのも賢い貯め方ですね。私の場合は1000円札を崩して出た100円玉を貯金箱へポイしてるので開けてからのお楽しみです。

 

 

とにかくまずは財布の中にある小銭を何かに使ったと思って貯金箱に入れていくことです。

 

 

なにかに使ったつもりというのを連想できないなら、コンビニでジュースを買ったと思って100円投入するとか、タバコをひと箱我慢して400円投入するとかできるはずです。

 

 

要はあなたの考え方次第で小銭はたくさん貯めることができます。何かの楽しみを一回我慢する。それを繰り返していけばおのずと小銭は貯まってくるはずです。

 

 

小銭貯金は将来のあなたの保険の役割を担ってくれる可能性があります。

 

 

小銭は私たち国民の一番身近なお金ですので、視点を変えればいくらでも貯めることができます。

スポンサーリンク