目標が無いからこそ楽しめる貯金 それが小銭貯金

目標が無いからこそ楽しめる貯金 それが小銭貯金

なにかしら貯金をするときって、何を思って貯金してますか?

 

 

大まかに言えば将来のためとか言いますけど、何かを買いたいがために貯金することもあるわけです。

 

 

子供さんの場合ですと、新作ゲームソフトが欲しいから発売日に備えて小銭を貯めたりします。

 

 

大人の場合は高級カメラや高性能パソコンなど、ちょっと手の届かない額の品物を買うために月々の給料から少しずつ貯めていきます。

 

 

大人も子供も買いたい物のために何か目的を持って貯金すると思います。

 

 

しかしそれがない場合、すなわち目的も何もなくて貯金することってなかなか無いと思うんですよね。

 

 

給料天引きや定期預金など、貯めることが生きがいの人はそれが楽しみになるので良いのですが、目的が無い貯金だとなかなかやる気が出てこないのが普通です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

しかし、目標が定まっていなくても楽しく貯金できるのが小銭貯金の魅力であります。

 

 

これくらいの小銭を貯めるぞと目標額を定めると、その金額を貯めたらそれでおしまいになって貯金を切り崩して使うと思いますが、貯金箱が満タンになるまで一円も使わないと決めていれば、貯金箱が満タンになるまで楽しみながら貯金することができます。

 

 

おすすめは、中身が見えない透けていない貯金箱です。中身が透けるとどのくらい小銭が貯まっているのかが分かってしまって面白くないのであえて中身が見えない貯金箱で貯めていきます。

 

 

それと、底が開けられる貯金箱は避けることです。底が開いているとどうしても使いたくなる衝動に駆られることがあります。

 

 

小銭が貯まると重くなってくるのでいくら貯まっているのか想像したりする楽しみも見いだせます。更に小銭を貯めるのが楽しくなってきます。

 

 

貯金箱が重くなってくると切り崩すことよりも最後まで貯めたいという意欲が沸いてきますので、そうなればこっちのものです。

 

 

目標を定めずに、小銭を入れるたびに鳴るチャリンという音と貯金箱の重さが変化していくのを感じながら貯めていく楽しみは小銭貯金ならではですので一度試してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

満タンにした貯金箱を開けるのを想像してみてください。満タンに貯まった小銭をテーブルに出したときのジャラジャラ音はあなたの努力あってこそ聴くことができる至福の音です。

 

 

何に使うかは、頑張って貯めてきたあなたが決めることができます。テーブルいっぱいに広まった小銭を眺めるのも楽しみのひとつです。

 

 

そのときは、良く頑張ったな!と、自分を褒めてあげてくださいね。

スポンサーリンク