貯金ゼロに危機感を持て

貯金ゼロに危機感を持て

貯金をいままで全くしてこなかったという方が稀にいますが、そういう方は危機感を持った方が良いでしょう。

 

 

給料は十分に貰っているのに、貰っただけ好き放題使って、貯金がゼロという人がいます。

 

 

例え口座の中がゼロであっても収入があるから大丈夫だと感じている方、それすらも考えていなくてお金を使っている方もいると思いますが、これは怖い事です。

 

 

今の時代何が起こるか分かりませんので、働いていたのに、突然会社から解雇されて給料が無くなってしまったり、大きな病気や怪我にかかって、急な出費が必要になったりと、いざという時の出費やお金は常に用意しておかなければならないのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

呑気な人や楽観的な人だと、どうせ何とかなる、次の給料で何とかなる、解雇されても次の仕事を探せば良いと考えている事は少なくありません。

 

 

もし何かしら起こっても上記のように、事が上手く運べば、貯金を蓄えていなかったとしても、切り抜けられるかもしれませんが、そう簡単に人生は上手くいきません。

 

 

万が一の事を想定していないと、上手くいかない時に後戻りはできませんので、危機感を持っておかないといけないでしょう。

 

 

いざという時の出費ですが、上記のような病気や怪我、解雇以外にも色々あります。

 

 

例えば、結婚式や出産時の祝い金、葬式での香典、電化製品の故障での買い換え、移動手段が無くなった時のタクシー代等があるでしょう。

 

 

これらはどれも必要な事で、ライフイベントでの出費を節約すると人間関係にひびが入りますし、電化製品が故障したままだと快適な生活が送れなくなります。

 

 

もちろんこれ以外にも災害や税金等もありますし、突然の出費を支払う余裕を持っていなければなりません。

 

 

数万円程度なら手持ちのお金で支払えるかもしれませんが、場合によっては、大きな額になるものもありますので、貯金ゼロでは、もしもの時が怖い事になります。

 

 

元々給料が少なく、生活していくのがやっとの場合だと、お金を貯めていくのが難しくなってきますが、十分な収入がある方でも楽観的に考えずに危機感を持つ事が重要になってくるのです。

 

 

危機感を持っていないと、お金を貯めるという意識があまりなく、貯金ゼロで使い放題のままになってしまうでしょう。

 

 

お金を貯める、もしもの時、いざという時の出費のために必要な意識になりますので、軽く考えないようにして下さい。

 

 

人生には、必ず大きな転機がやってきますので、早いうちから危機感を持って、備えておきましょう。

スポンサーリンク