30代でも貯金が無いとどうする?

30代でも貯金が無いとどうする?

10代、20代の頃は、仕事をしていて給料を貰っていても、遊びたい、欲しい物がたくさんあるという思いが強いので、貯金がゼロという人も少なくありません。

 

 

しかし、30代になると、お金が無い事に対してのデメリットも増えてきますので、将来の事をしっかり見ておく必要があるでしょう。

 

 

お金を貯めていない人なら、これからコツコツと貯めていく必要があるのは当然なのですが、貯金がゼロ、または、それほど無くても大丈夫だと思っている人も多いでしょう。

 

 

ですが、そういった状況を30代以降になっても続けていますと、周囲の雰囲気も含めて、そうでなくなってくるでしょう。

 

 

人生で大きな転機となるのが結婚です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

30代に近づいてくると結婚適齢期となりまして、多くの方が結婚されていきますが、お互いの気持ちも大切でもありますけど、重要な事柄があります。

 

 

それは貯金でして、お金を貯めていない人だと相手に浪費癖があると思われたり、上手くいかないのではと思われたりとあまり良い事ではありません。

 

 

また単純に、結婚をするめたには大きな費用が掛かります。

 

 

例えば、結納、結婚式、新婚旅行、新居で暮らすための新しい家具など色々あります。

 

 

もちろん、これらの事をしないでも良いのですが、現実問題で言いますとお金が少ない人と結婚する人は少なく、今後のために生活水準を落とした生活を選択しなければならないでしょう。

 

 

それに、これからライフイベントとして、出産、住宅購入、子供の教育、老後の問題とさまざまありますので、お金が無い人は結婚自体が厳しくなるのです。

 

 

貯金が無い事で、まだまだ30代には不利な事があります。

 

 

これからキャリアアップを考えないといけない年代なので、勉強したり、転職したりするには、それなりの資金が必要になってきます。

 

 

ローンを借りるとしても返済能力が乏しいと借り入れは難しいですし、お金を貯められない人がローンを返済していくのは厳しい面もあるかと思います。

 

 

30代になりますと、このように大型の出費が増えたり、ライフイベントが起こったりしますのでお金が必要となってくる訳です。

 

 

結婚したくても貯金ゼロだったために、結婚話が破談したという事もありますので、今までの生活を改めてお金を貯めていける生活にしていきましょう。

 

 

結婚を考えていない人でも、長い人生で何が起きるか分かりませんので貯蓄があるかないかで大きく違って来ます。

 

 

必ずお金が必要になる時がありますので、年代に関わらず、貯蓄を増やしておくのが大切なことではないでしょうか。

スポンサーリンク