30代の平均貯金額は?

30代の平均貯金額は?

自分が貯金している、していないに関わらず、世間一般がどれくらいの貯金額があるのか気になるものだと思います。

 

 

特に、これから人生の転機が訪れる30代の方は一体どれくらいの額を稼いで、どれくらい平均して、お金を貯めているのでしょうか。

 

 

年収も貯金も若い世代ほど少なく、高齢の世代になるほど多くなっている傾向にあります。

 

 

ですが、全くお金を貯めていない世帯の割合は、どの世代でも3割ほどあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

そして、気になる平均貯金額ですが、2013年の世論調査でこのようになっています。

 

 

20代が219万円、30代が379万円、40代が700万円、50代が1067万円、60代が1535万円となっています。

 

 

また統計で出た値からの中央値の方は、20代75万円、30代200万円、40代225万円、50代379万円、60代670万円となっています。

 

 

中央値というのは、統計の全体の中の真ん中の数値という意味になりますので、大きな額または少ない額に釣られて平均にされていないのです。

 

 

だからこそ、中央値の方がリアルな数字に近いかもしれません。

 

 

これらの数字を見る限り30代の方は200万円から400万円の額を貯金している事が分かるでしょう。

 

 

やはり若い世代ほど年収も低いですし、お金を使いたい時期ですし、大きなライフイベントでの出費もありますので、妥当な数字かもしれません。

 

 

しかし、多くの方がこんなにも貯金額がないと実感されているのではないでしょうか。

 

 

あくまでも統計の中での平均した数字ですから、実際にはもっと少ない、貯めたいけど貯められるだけの収入がないと思っている方も多いはずです。

 

 

職種や働いている地域によっても差がありますけど、これらの統計によって出た数値を参考にして、これからお金を貯めていくと良いでしょう。

 

 

いくらお金があっても不安という人がいるように、お金が無くても平気という方がいるはずです。

 

 

上記にもあったように平均貯金額を参考にするよりも、中央値の方がリアルな数字に近いので、これに惑わされない事が大事です。

 

 

例えば、意外と人の数字を見て、こんなにもお金を貯めているのかと落ち込む人がいるのです。

 

 

ですから、あくまでも大きな数字に釣られて、考え過ぎない方が良いと言えるのです。

 

 

統計で数字が出ますが、それを見て、自分は他の人よりも少ないと嘆いたり、これなら大丈夫だと思ったりするかもしれませんが、人は人、自分は自分ですので、自分の足元をしっかりして、前向きにお金を貯めていく事が大事ではないのでしょうか。

スポンサーリンク