無理のない貯金を心がける

無理のない貯金を心がける

貯金をする時に大事なことがあります。

 

 

それは、無理をし過ぎないこと、あるいは、我慢し過ぎないことです。

 

 

何だか矛盾しているようにも思えますが、無理をしている、我慢しているという事は、自分に合っていない方法で行なっている証拠でもあります。

 

 

それに、我慢のし過ぎは辛いだけではなく、いつか爆発してしまう恐れがありますので、息抜きも考えた計画性がある賢い貯金をしないといけません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

何故無理のない方法を薦めるかと言いますと、長続きしにくいからです。

 

 

これからお金を貯めようと決心する人ほど、多くの金を貯めようと節約を頑張り過ぎてしまう傾向にあります。

 

 

初めのうちは良いのですが、精神的にも疲れてきますので、自由に使える余力も残して、自分のペースを掴む事が意外と大事になってくるのです。

 

 

家計を見直して無駄を省いていくのは良いことですけど、本来必要な所を無理に削ってしまうのが一番怖いので、もう少し賢い方法を取らないといけないですね。

 

 

では、無理をしないために何が必要かと言いますと、目標を決めるのが一番で、計画性が大事になってきます。

 

 

月何万円は貯金するといった計画を立て、それ以上のお金が余ったら、自由なお金と貯蓄で折半する等、家計のルールを事前に決めておけば良いのです。

 

 

もちろん目標の額は無理のない金額である必要がありまして、これまでの家計簿や収支を見て決めたら良いと思います。

 

 

また、ルールも一度決めたら全く変更しないのではなく、結婚している家庭なら新しく子供が生まれた時に、目標額を増やして、別口座にする等して、賢い方法を取ると良いでしょう。

 

 

このようにしていけば、お金を十分に貯められるだけではなく、買いたいものも買えて、精神的にも楽になれるはずです。

 

 

やっぱり安心感があるかないかでは、生活が違ってきますので、追い詰められている状態だとギスギスしてしまいがちです。

 

 

そうならないためにも計画性を持つ事が、とても重要になってくると思いませんか。

 

 

辛い状態のまま無理に貯金していると、何のためにお金を貯めているのかといった疑問も浮かんでくるでしょう。

 

 

本来、生活をするためのお金が、それを苦しめる結果になることもありますので楽しみながらやっていく事が大事です。

 

 

最終的にお金を貯めるという事は、自分を縛り過ぎないようにする事も重要となってきます。

 

 

目標をハッキリと立てる事が良いことなので、何事もルールや目標や計画がないまま始めてしまうと、どうしたら良いのか分からなくなってしまいます。

 

 

そうならないために必要な事がたくさんありますので、意識をしっかりともっていきましょう。

スポンサーリンク