何事もコツコツ積み重ねが大切

何事もコツコツ積み重ねが大切

貯金する時に大事なのは、コツコツと少しずつでも良いので、積み重ねをするという気持ちです。

 

 

よくお金を貯めるぞと意気込む人の中には、一気にお金をつぎ込む人もいるのですが、それだとあまり長く続きません。

 

 

一ヶ月3万円だとしても一度に3万円か数回に分けてやるかでは、同じ額ですけど、一度に行なう方が喪失感があるでしょう。

 

 

それだけではなく、コツコツと貯めて3万円にする方が習慣化して、それが当たり前の空気になり、自然と貯金ができてしまうのです。

 

 

一度に貯めようと考えている人ほど習慣化できなくなる傾向が強く、今月はピンチだからやめて、来月に倍貯めれば良いと考えてしまい、ズルズルといってしまう事もありえるでしょう。

 

 

一気に貯めるという事は、負担が大きくなり、次までの間隔が空きますので、あまり貯金に向いていない方法なのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

毎月の給料ではなく、ボーナスのような臨時収入があった時に、そうすると良いでしょう。

 

 

コツコツと積み重ねるのが良いのですが、習慣化していない段階だと、いちいち面倒な行動が嫌なので、数日分をまとめたいと思うことが出てきます。

 

 

そうしてしまうと、何日分まで貯めたか分からなくなったり、複雑になったりしますので、一度決めたルール等は守るようにした方が長く続けられます。

 

 

このようにする事によって、習慣化と同時に自分の中でお金を貯める良さの意識や達成感が生まれますから、重要なのです。

 

 

また一度に貯める時の問題としてあるのが、現状を把握できにくいという事がありますので、コツコツ貯める時も記録は取っておきましょう。

 

 

今いくらまで貯めたのかが分からないと充実感を得られませんので、お金を貯める素晴らしさや節約の楽しさを感じられません。貯金箱で貯める場合は逆ですが。

 

 

そういった意味でも一度に貯める人は、楽しさや充実感を感じにくいから、あまり向いていないと言えるでしょう。

 

 

ゆっくりと積み重ねしていくことは、しんどいのではないかと思われる方もいます。

 

 

それは初めの方だと、金額も少なく、それほど貯まっている感じもありませんので、満足いかないからでしょうし、努力や我慢も時には強いられるからでしょう。

 

 

これが1年、2年、10年と続いていきますと、大金になりますので、将来の大きな目標を夢見て貯めていけるのです。

 

 

お金が少しずつでも貯まっていけば、節約する楽しさ、自信もついていきますので、生活にやりがいも生まれます。

 

 

どんなことであっても一度にするのは難しく、できない事でも少しずつ努力していって、夢や目標を達成する事が素晴らしいことではないでしょうか。

スポンサーリンク