定額貯金、定期貯金を利用する

定額貯金、定期貯金を利用する

計画的な貯金を考えているのでしたら、定額貯金や定期貯金を利用した方が少しでも金利が付きますので、運用しやすいのです。

 

 

まずこれら二つの違いや特性を理解しなければならないでしょう。

 

 

定期貯金ですが、普通預金ではなくゆうちょ銀行の口座で一定の期間預金しておくサービスとなります。

 

 

一度預けた預金は一定期間は自由に下ろせなくなりますが、通常よりも金利が付きます。

 

 

銀行によって、細かいサービスや規則が変わってきますので、しっかりと説明を受けてから利用する方が良いでしょう。

 

 

定額貯金は、こちらもゆうちょ銀行のサービスとなっています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

基本的に先ほどと同じですが、最低半年間は預けなくてはいけませんが、金利が良くなります。

 

 

しかし、昨今の経済事情もありまして、どちらともに大きく金利が変わりありませんが、多くの額、長い期間預けておくほど利率は良くなるでしょう。

 

 

また定額貯金は定期貯金と違って、半年の期限が過ぎれば、自由に引き出す事が可能で突然の出費に対応できるのです。

 

 

そういう事もありまして、こちらを選ばれる方は多いのです。

 

 

どちらがお得かは、どのように貯金していきたいのかで違ってきます。

 

 

無駄遣い防止をしたい方は、定額貯金がお薦めになります。

 

 

その理由としてあるのが、1000円単位での預金が可能であり、一人一つではなく、複数口に分けて預金する事が可能なので、目的別に分けられるのです。

 

 

今は使いたくない、置いておきたいという方にも便利で使えるシステムと言えるでしょう。

 

 

一方の定期預金ですが、銀行や条件によっては利率が良くなる所がありますので、多額のお金を運用したい方に向いています。

 

 

しかし、ゆうちょ銀行と違って、さまざまな銀行があり、それぞれに細かい規約がありますから、自分で調べて探し出してから契約する必要もあるでしょう。

 

 

それぞれ特性が違っていますので、目的別で使い分けるのが一番だと言えます。

 

 

それに、預金したら約半年間は使えないお金になりますので、無駄遣いをしてしまう人に良いと思います。

 

 

もちろん普通預金でも金利が付きますし、自由に使えますので、自制心がしっかりしている人なら特別に定期にする必要もありません。

 

 

ですから、どうしてもお金に手をつけてしまう人は、これらのサービスを利用して貯金した方が使えなくなりますし、通帳を見て、お金が貯まっていくことを実感できるでしょう。

 

 

お金が貯まっている事を実感できれば、そこに喜びややりがいも見いだせるかもしれないので、上手く利用してみて下さい。

スポンサーリンク