貯金が苦痛だと感じている人へ

貯金が苦痛だと感じている人へ

限られた収入の中で、節約しながら貯金をしていく事を苦痛に感じたり、無理だと思ったりする人は多いでしょう。

 

 

そういう人の多くは、ただじっと我慢している思いに囚われている事が多く、貯金や節約する事を楽しく感じられていない人が多いのではないでしょうか。

 

 

苦痛を感じないようにするためには、何事もプラス思考で考えれば良いと思います。

 

 

貯金とはお金を貯めている事なのですから、現実的に考えてお金を使っているよりも良い事になります。

 

 

お金を使う事はストレス発散にもなりますけど、その場限りの事も多いですし、使ってしまったものは元に戻りません。

 

 

我慢するのが嫌だという人もいると思いますが、一度冷静になりまして、それはいま本当に自分にとって必要なものなのか?というのも考えてみなければなりません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

貯金する事を苦痛や我慢や面倒といった理由で無理だと感じる事から喜びに変えるには、お金が貯まっていく充実感、目標を達成した時の達成感ややりがいを感じる必要があるでしょう。

 

 

これらの気持ちを築かないからこそ、無理だと感じてしまう事が多いのです。

 

 

今までお金を貯めて来なかった人が、面倒だ、無理だと思っていたけれど、実際にお金を貯め始めますと、日に日にお金が貯まっていく充実感を感じられ、いつの間にか毎日の節約自体が楽しいと思っうようになっていたという人もいます。

 

 

ただ余ったお金を貯めていく、家計簿をつけて処理していくという風に事務的にしてしまうと、苦痛に感じてしまうのはしょうがないことかもしれません。

 

 

何かの目標を決めたり、喜びを見出したりしたら気持ちも見方も変わって来ますので、単純に我慢しながら生活するのではなく、張り合いを見つける事が大事です。

 

 

目標を決める時でも、数年後や数十年後の事をいきなり考えると気が遠くなりますので、毎月○○円頑張るという風に少額から始めたり、近い未来の事を想定したりした方が達成感を得られやすいです。

 

 

それと同時に銀行口座に毎月お金を預金したり、慣れてきましたら、過去の自分と比べてどれくらい貯められるか勝負してみたり、さまざまな目標を作るのです。

 

 

それによって張り合いや意識が生まれて、節約する事が我慢ではなくなり、喜びへと昇華していけるでしょう。過去の自分との勝負です。勝負に勝った時の喜びは言葉にできないほど嬉しいものです。

 

 

また単純にキツイ、辛いと思っている人は、無理な節約をしてしまっている可能性があります。

 

 

必要以上の節約は生活自体を苦しめる事になりますから、できる範囲から始めた方が良いかもしれません。

 

 

目的や目標に縛られ過ぎるのも問題ですし、目標を決めていない場合や高過ぎる場合だとやり過ぎてしまうので、そこも注意したいですね。適度を心がけてください。

 

 

こういった事に注意して目標を決めていれば、苦痛を喜びに変えて貯金していく事が可能ですので、頑張ってみましょう。

スポンサーリンク