手元にあるお金を「無いもの」として貯金する

手元にあるお金を「無いもの」として貯金する

貯金をしようとしても、なかなか上手く行かない人がいると思います。

 

 

そういった人の中で、目標を決めたり、計画性を立てたりすること自体が難しい人、家計簿も作れない・作らない人もいるでしょう。

 

 

そんな人が貯蓄をする場合は、手元に余ったお金を銀行口座に入れたり、貯金箱に放り込んだりした方が良いのではないでしょうか。

 

 

どうしても将来の事を考えるのが難しい無頓着な人だと、なかなかお金を貯めるのも上手く行きません。

 

 

考えるのが難しいのなら単純に、収入があって、使って余った分を全て貯蓄に回してしまうというのも良い方法だと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

また、そこまで無頓着ではない人でも計画性が立てられない場合は、財布の中の予備資金を必要最低限だけ残して、貯蓄するのも良いでしょう。

 

 

よく財布の中の500円玉を貯める人がいますが、あれと同じで、いつの間にか貯まっていたという感じになる訳です。私も500円玉貯金を初めていつの間にか貯まってたという感覚でした。

 

 

使えるはずだったお金が無くなるのが惜しいと考える人がいますが、そもそも無かったものとして考えれば良いだけです。

 

 

例えば友達に差し入れを買ったつもりになるとか、お弁当を一食分買うつもりで!とかですね。

 

 

計画を立てて、貯めていけば本来使えないはずであったお金かもしれませんし、よく買い物する人は、その度に小銭を貯めていくのもありです。

 

 

もちろん計画を立てている人でも使い分けをキッチリしていますが、あえて使った事にして貯蓄に回してみるというのもできますし、精神的な意味も含めて余裕があるうちに貯めておける事は良いことなのです。

 

 

無頓着な人ほど、初めのうちは無いものとして考えるのは難しいですけど、自制心を持つことが重要で、何かを買って余った小銭は貯金箱に入れるといったルールを設けたらどうでしょうか。

 

 

小銭だけではなく、1000円単位でも良いですし、お金をよく使う人ほど貯まる計算になりますので、そういう人にもあった方法です。

 

 

固定費を除いた収入や財布の中身は全部使っちゃう人に向いていまして、意外と貯める事ができます。

 

 

当然、収入を分別できるのがベストですけど、習慣がない人にとっては縛られる事は苦痛ですから、資金に余裕がある時に貯められる体制にしておくべきなのです。

 

 

初めから無いという風に考えられるのなら気が楽になりますし、すぐに衝動買いしてしまう人は、その前に貯金できるようにしていれば、無駄な出費も避けられます。

 

 

使えるお金は限られていますので、その中で如何に貯められるかを考えた時に、有るものを無いとできれば、大きく貯金できるようになるでしょう。

 

 

そのためにもお金を使ったら積み立て、使う前にも積み立てと二段構えで意識しておいて下さい。

スポンサーリンク