まずは先の見える貯金を

まずは先の見える貯金を

いざ貯金しようと決めた時に目標額を決める事が多いですが、ほとんどの人が50万や100万円もしくはそれ以上の大きな額を目標にする人がいますね。

 

 

しかし、このような額にしてしまうと、先が長過ぎて気が遠くなってしまい、お金を貯める意識が弱くなる可能性が高いので、決め方としてはあまりいい方法ではありません。

 

 

では、どのような額から貯金を始めるのが良いのでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まずは子供さんなら5000円とか、大人なら10万円、20万円といった現実的な数字から始めて、それを達成したら、そこからまた新たな数字を目的としていけば良いだけなので、簡単です。

 

 

また、貯める額を明確にしないという人がいますが、曖昧にしていますと気持ちも曖昧なままになってしまうので、貯める金額はしっかりと明確にしていた方が良いかもしれません。

 

 

何故、100万円のような大きな額がいけないかと言いますと、上記にもあるように貯まるまで先が長いからです。

 

 

貯金にしても他の事にしても、何か努力をする時に絶対に必要になってくるのが、目標とそれを達成した時の充実感や達成感になります。

 

 

先が長くなりますと、これらの感情を得られにくくなり、自分は何で頑張ってるんだろう、貯めてて意味があるのかなといった気持ちに襲われる事があります。

 

 

ですから、序盤は手に届く額に決めていた方が、頑張れる気持ちを引き出す事が可能であって、100万円のようにすぐに貯めることができない非現実的な額にするよりも張り合いが生まれるでしょう。

 

 

張り合いや頑張れる気持ちがあると、今まで以上に節約を頑張れたり、苦しい生活でも我慢できたりして、将来の事を明るく考える事もできるので、愉快な気持ちになりますよ。

 

 

貯める額を明確にする事以外にも、行なうと効率が良くなる可能性が高いことがもう一つあります。

 

 

それは、目標を達成した時の充実感を増幅させるために、ご褒美を設定しておくのです。

 

 

何か頑張ってできた時に、ご褒美があると頑張れた、我慢できたという人がいるように、自分自身にご褒美をあげるのです。

 

 

もちろん高い金額のものを設定すると貯金している意味がなくなってしまいますので、ささやかな物でも良いので、何かご褒美があると良いでしょう。

 

 

これがあることで、辛い時に頑張れますし、家族がいる方なら自分自身にご褒美を設定するだけではなく、家族みんなで取り組めるようにするのも良いかもしれませんよ。

 

 

例えば5万円達成するごとに家族と一緒に食事に出かけるとかですね。

 

 

長期的にお金を貯めていく事は途方もない感じがしますが、手に届く範囲から少しずつ貯めていく意識を持っていると、思っている以上に楽になれます。

 

 

まず初めはできるところから始めて、少しずつ金額の幅を広げていくなりして、気持ちも生活も慣れていく所から始めていけば良いでしょう。

 

 

そして時には自分へのご褒美、家族への振る舞いなどをメリハリつけて行っていけば自然と楽しくなってくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク