給料の天引き制度を利用する

給料の天引き制度を利用する

どうしても貯金する事が難しいと思っている人は、自動的に勝手にお金が貯まっていく方法を利用すれば良いでしょう。

 

 

それを利用する事によって、どんな無頓着な人であっても一度登録してしまえば、給料が振り込まれる度に勝手にお金を貯めていく事が可能なのです。

 

 

その気になる方法ですが、給料天引きや自動引き落し積立になります。

 

 

どんなサービスかと言いますと、給料天引きは、財形貯蓄制度等がありまして、口座に振り込まれる前に自動的に引き抜かれていますので、自分で貯めていく必要がありません。

 

 

働いている会社で制度を行なっている必要がありますが、残高不足になる心配もありませんし、メリットも数多くあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

財形貯蓄制度のメリットですが、一般ではなく、住宅や年金としての目的で貯めますと、550万円までの額と保険が非課税になり、利息に課税されないのです。

 

 

それに教育や住宅購入に対しての融資を受ける事も可能で、通常の形で預金していくよりもメリットが多くなっているのです。

 

 

もう一つの方法である自動引き落し積立ですが、これは銀行が行なっているサービスでありまして、口座に振り込まれたお金や今口座にあるお金から毎月自動的に定期預金へと引き落していくのです。

 

 

ですから、給料から振り込まれる口座を指定していましたら、勝手に引き落してくれますので、何も考えずにお金が貯まっている事になります。

 

 

一番最初の手続きがややこしいかもしれませんが、一度してしまえば勝手に振り込まれ、勝手に天引きや引き落しをしてくれますので、かなり楽です。

 

 

お金が振り込まれたら、すぐに使ってしまう人であっても、天引きされている状態なら使えませんので、無頓着な人にお薦めできるサービスでしょう。

 

 

これらのサービスを利用する時の注意点ですが、自動的に貯金していく額を無理な額にしないことです。

 

 

たくさん貯めていこうと額を大きくしてしまいますと、生活が苦しくなって止めてしまう可能性があり、長続きしません。

 

 

これは通常の貯金と一緒でありまして、無理のない範囲で確実に貯めていくようにしたら良いでしょう。

 

 

もともと、これらのサービスを利用して、お金を貯める方法は最も安全で確実な方法でもありますので、無理のないものに設定して下さい。

 

 

月に1万円でも年利1%として計算すれば、5年後には約61万円になっていますので、コツコツ貯めていく事が大事ですよ。

 

 

このように知らない間に大きな額になっているはずですし、通帳を眺めるのが楽しくなるかもしれませんね。

スポンサーリンク