家計簿や小遣い帳などの収支表をつけてみる

家計簿や小遣い帳などの収支表をつけてみる

お金が貯まらないという人の多くは、何にお金を使ったのか、何が欲しいのか等を整理していない人と言われています。

 

 

実際、衝動買いしてしまう人の中には、必要もないものまで買ってしまったり、一ヶ月に使う予算を決めていない人だったりします。

 

 

そういった理由の衝動買いを防ぐためにも、家計簿や小遣い帳や収支表を分かりやすく作っていくのはいかがでしょうか。

 

 

家計簿や小遣い帳や収支表というのは、自分の収入や支出を一目で知る事ができるものです。

 

 

収入と支出が分かるという事は、何にお金を使っているのかが把握でき、長期的に取り続けますと、自分の傾向も知る事ができます。

 

 

無駄な支出を減らしたいと考えた時に見なければならないものは、何にお金を使っているかです。

 

 

そういった時に便利になるものが家計簿なのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

家計簿をつけるという事は貯金をする時の基本であり、何もしないでお金を貯めるというものは、とても難しいものです。

 

 

頭の中で整理しようと思っても、複数の口座があったり、細かくお金を使っていたりしていたら、複雑過ぎて整理する事すら難しいでしょう。

 

 

ですから、パソコンを使っても良いですし、ノートでも良いので、お金の流れを全て書き出す事をお薦めします。

 

 

仕事をしていて時間があまりない、事細かく帳簿をつけるのは面倒という人がいると思います。

 

 

そういった人にお薦めしたいのが、簡単な小遣い帳や収支表です。

 

 

これなら、何月何日に、いくら何の用事に使った、収入があった等で、それほど難しい記述ではありません。

 

 

それでも面倒と思うのでしたら、メモに使った金額や用途を書いて、見える所に置いておくだけでも、何にお金を使ったのが分かります。

 

 

要するに、収入がどれくらいあって、その中からどれだけお金を使ったのかを把握できれば良いのです。

 

 

「これ以上買い物したらマイナス収支だな」、「まだお金が使える」といった風に自覚できるのが、貯金と節約の第一歩になるのです。

 

 

そこから小遣い表や収支表をつけているのなら、どれくらい余るかが分かりますので、貯金に回せる額もハッキリとします。

 

 

長期的な観点から見ましたら、毎月の平均した支出や傾向も把握でき、計画的な予算の組み立ても可能となってくる訳です。

 

 

ノート、パソコン、スマホを用いて一ヶ月の収支を書くだけで、予算の組み立てができ、マイナス収支も防いで、安定した生活が成立しやすくなるのです。

 

 

当然ですが、細かいお金の流れを把握するほど無駄も把握でき、貯金等にお金を回せられるようになるでしょう。

スポンサーリンク