もしかしたら間違い?あなたの節約術

もしかしたら間違い?あなたの節約術

一人暮らしのときには節約や貯金にあまり興味、関心がなかった方も多いと思います。

 

 

しかし結婚をし、将来の設計を立ててみるとお金のことを無視して生活はできませんよね。

 

 

だからこそ毎日少しずつ節約をする必要があるんですよね。

 

 

そこで、あなたの節約方法が間違っていないかをチェックしてみましょう。

 

 

チェック項目は5つ。

 

 

スポンサーリンク

1つ目「生活費の余りを貯金する」

生活費が節約出来ていない場合、貯金の額が減ります。

 

 

貯金するために節約するのでしたら、貯金の余りを生活費にあてるようにし、貯金は減らさず、限られたお金で生活費をやりくりしましょう。

2つ目「レシートを1つにまとめて管理」

レシートを保管して、その内容から出費がどれぐらいあったのか管理している人が多いはず。

 

 

しかし1つにまとめてしまっては分かり辛いですよね。

 

 

クリアーケースに「食費」「交際費」「光熱費」のように項目に分けて、レシートを保管すると一目でどの項目にお金がかかっているのかが分かりますよ。

3つ目「毎月の貯金額が決まっている」

貯金額を決めるというのは当たり前のことに思われますが、収入が少ない月はこの貯金額が生活に悪影響を与えます。

 

 

貯金は収入の何パーセントという風に、割合で貯金すると貯金が長続きします。

4つ目「固定費を見直していない」

あなたが最後に携帯のプランを見直したのはいつですか?

 

 

光熱費に無駄なところはないでしょうか。

 

 

見落としがちな固定費は見直すことで、無駄なお金を省くことができます。

5つ目「賃貸ではなく安い住宅ローンにする」

不動産から勧められた住宅ローンが今の賃貸より月々の支払いが安いため、住宅ローンにしようか考えている方。

 

 

住宅ローンは先々も含めた計算をしなければいけません。

 

 

不動産から勧められ、安かったとはいえ自分で確認、またはファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか。もしかしたら賃貸が良いこともあります。

 

 

因みに、もし住宅ローンを組みのであれば、月々の支払い額を給料の手取りの20パーセントを目安に考えてみると良いでしょう。

 

 

 

さて5つ紹介してきました。

 

 

その中で当てはまる項目は説明にあった通り試してみてはいかがでしょうか。

 

 

節約や貯金は続けることが大切です。

 

 

長続きしない貯金のやり方をやめて、無理のない節約の仕方を見付けませんか。

スポンサーリンク