生活費は食費の見直しで改善

生活費は食費の見直しで改善

年々、生活費の出費は多くなり、主婦の皆さんの力が本当に試されるときがきました。

 

 

そのためには計画的なお金の管理が必要なのですが、中にはお金を節約するために家族皆で我慢をするように強いる方もおります。

 

 

しかし主婦の皆さんがやるべきは生活を充実させ、いかに無駄を削るかであって、家族皆でいくら我慢するかではありません。

 

 

そこで今回、食費を最小限にし、更に栄養がある料理で家族皆に充実した生活を送れるメニューを紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ご飯にぴったりな節約料理「もやし炒め」

節約料理に欠かせないのが「もやし」ですね。

 

 

そこで最初のメニューはご飯にぴったりなもやし炒めです。

 

 

所有時間5分程度。

 

 

2〜3人前で約100円。

 

 

食材もシンプルで、もやし1袋、合挽き肉50グラム、刻みネギ、醤油、酒、みりん各大さじ1杯、豆板醤、鶏ガラスープの素、塩コショウです。

 

 

作り方はすごく簡単で、合挽き肉を炒め火が通ったらもやし、刻みネギを入れます。

 

 

塩コショウの後、もやしがしんなりしてきたら、火を弱火にして鶏ガラスープの素と豆板醤を加え、味付けしたら完成です。

 

 

豆板醤、鶏ガラスープは野菜やお肉、何でも美味しくしてくれる調味料です。

 

 

これさえあれば色々な食材の炒め物ができますよ。

玉ねぎを使った洋風煮物料理もおすすめ

次は玉ねぎを使った洋風煮物料理です。

 

 

玉ねぎは血液をさらさらにしてくれますから、毎日少しずつ摂取するのが良いとされています。

 

 

所有時間30分程度。

 

 

4人前で100円。

 

 

材料は玉ねぎ4個、鶏のささみ肉100グラム、片栗粉小さじ2分の1、水400CC、小麦粉少々、固形コンソメ一つ、乾燥パセリお好みで。

 

 

まず玉ねぎの上を厚さ2センチ程切り、スプーンで中をくり抜きます。

 

 

くり抜いた玉ねぎと鶏のささみをみじん切りにして小麦粉を加え、混ぜ合わせます。

 

 

くり抜かれた玉ねぎの中にみじん切りしたささみと玉ねぎを詰め入れて、ざるなどに入れた小麦粉を玉ねぎに振りかけます。

 

 

玉ねぎを鍋に入れ、水と固形コンソメを入れて、中火で煮込みます。

 

 

煮汁が半分なれば出来上がりです。

 

 

パセリはお好みでかけて盛り付けて下さい。

 

 

どれもあまり食材を使わないメニューでしたが、冷蔵庫にある少ない食材で、栄養のある物を作るときに参考にしてみると良いと思います。

 

 

お金をかけず、あるものだけで料理ができる人こそ節約上手な主婦なのかもしれませんね。

スポンサーリンク