間食を減らせば貯金は増える

間食を減らせば貯金は増える

いざ貯蓄をしようと思うと結構大変です。

 

 

毎月の収入は大体決まっているものですし、支出だって似たようなものですよね。

 

 

貯蓄を増やすには収入を増やす事が一番手っ取り早いわけですが、それができたら誰も苦労しないよ!という話になるわけです。

 

 

では、毎日少しずつでも貯蓄するにはどんな工夫をすればいいのか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

手軽に始められて、かつ健康にもいいおすすめの方法は、ズバリ、間食をしないこと、です。

 

 

私がまだ社会人になりたての頃、とある専門学校に行きたくてお金が必要になりました。

 

 

しかし新入社員の初任給などたかが知れているもの。どう頑張っても毎月ちょっぴりずつしか貯蓄できません。

 

 

1円でもいいから貯蓄額を増やしたいと思った私が始めたのが、間食を一切しない方法でした。

 

 

三度の食事は自炊でまかなえるとしても、間食はついついチョコレートなどをコンビニで買ってしまうもの。

 

 

これを一切買わないように心がけるだけで、わずかではありますが貯金できる金額が増えたのです。

 

 

毎月の変化は少しでも、一年、二年と頑張ればそこそこまとまった額になります。

 

 

ついでにダイエットにもなるので、まさに一石二鳥というわけです。

 

 

通帳を見てニヤニヤ、体重計に乗ってもニヤニヤ…ですね。

 

 

もちろん、これ以外にもいろんな節約方法を駆使し、私は結局二年で百万円貯めることに成功しました。

 

 

この方法は、普段からちょくちょく間食でお金を使ってしまうくせのある人にはピッタリの貯金術です。

 

 

応用編として、「今日はチョコレートを買うのを我慢したからその分を貯金しよう」という風に、成果に応じて自宅の貯金箱に百円なり二百円なりを入れていく、という方法もオススメです。

 

 

もっとも、あまり我慢し続けるのはストレスになりますから、たまにはお菓子を買うのも良いですし、外で食事をする時などは我慢しなくても良いと思います。

 

 

また、同じ理屈で「外食をしない」という節約方法もありです。

 

 

外食は間食よりも更にお金がかかりますから、実行できればかなりの節約効果があります。

 

 

夕食は、仕事や友人との付き合いもあって難しいと思いますから、朝やお昼がオススメ。

 

 

手作りのお弁当作りや、早起きしての朝食習慣が身についてしまえば、この先の貯蓄計画も立てやすくなります。

スポンサーリンク