レシートや領収書をもらうようにする

レシートや領収書をもらうようにする

貯金をするためには、家計簿や収支表を書いていくのが良い事なのですが、どう手を付ければ良いのか分からない人が多いでしょう。

 

 

当然ですけど、これらの記録はアバウトにつけていくものではないですし、そんな事をしていては、お金を貯める事はできません。

 

 

そうならないためには、買い物をした時に必ずレシートや領収書をもらうようにしましょう。

 

 

収入の額は、通帳に振り込まれる額や給料明細書から分かると思いますが、キッチリとした支出が分からないから収支表を作れないという人がいます。

 

 

こういった時に大切に取っておきたいのがレシートや領収書になりまして、自分がどこで、いつ、何に、いくら使ったのかハッキリ分かるのです。

 

 

それを1ヶ月分貯めておいて、しっかりと家計簿に転記しますと、全ての支出が分かり、現状を把握できますので、貯金に繋がってくるのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

レシートや領収書で大切にしたいのは、保存の仕方です。

 

 

無頓着な方だと、財布の中に入れっぱなしにしてしまいがちですけど、しっかりと整理するために溜めこまずに、封筒に入れ替える等して、無くさないようにしましょう。

 

 

コンビニでの買い物でもレシートを忘れないように受け取って、電子マネーのチャージでも領収書を発行できますので、必ず残しておいて下さい。

 

 

電車やバスといった記録が残らないタイプのものがあると思いますが、そういう時はメモや付箋に料金や行先等を記録しまして、封筒に入れたり、家計簿に貼ったりしておけば忘れないと思います。

 

 

単純にこれらを記録しておくことで、家計簿が書けるようになり、貯金に繋がるだけではなく、いつどこで何をしたのかの記録にもなります。

 

 

ですから、今まで記録をつけていなかった人は、日記のような感覚で毎日書いていくと良いでしょう。

 

 

レシートや領収書がある事で、家計簿が書けますし、記録にもなっていますので、支出の種類や項目が分かり、固定費なのか、娯楽費なのかも判別できます。

 

 

絶対に支払わなければならない固定費と収入が分かれば、貯金する事も容易になりますので、支出の種類や項目を知る事は重要なのです。

 

 

会社を経営している人や個人事業主の方なら、このように記録を残す事は当たり前だと思いますが、そうではない人は買い物をしてもすぐに捨ててしまう人も結構いますから気をつけましょう。

 

 

捨てるという事は、貯金するための大切な手がかりを放棄してしまうという意味でもありますので、買い物をする時はしっかりと受け取って、保管しておくことが必要ですよ。

スポンサーリンク