老後には3000万円が必要?

老後には3000万円が必要?

老後に必要なお金は3000万円程度というアンケート結果が出たのはご存知でしょうか。

 

 

これは、2014年に結果が公表されたものです。

 

 

老後にどれくらいのお金が必要かというテーマでアンケートが行われ、平均が大体3000万円でした。

 

 

もちろん、この3000万円という数字は実際の貯金額ではありません。

 

 

老後にどれくらいのお金が必要になるかを尋ねられた時の答えです。

 

 

実際にどれだけ貯金が行われているかはともかくとして、3000万円ぐらいは老後に欲しいと多くの方が思っていることが明らかとなりました。

 

 

では、本当に3000万円という数字があれば十分なのでしょうか。

 

 

結論から書くと、老後になってみないと分からないとなります。

 

 

日本の今後がどうなるかは分かりません。

 

 

もしかしたら税金が値上げされて、3000万円では暮らせないという可能性も否定できないのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

可能性は少ないとは思いますが、逆に3000万円もあれば十分過ぎるということもあるかもしれません。

 

 

どうしても仮定の話になってしまいますが、現状を考えればやや少ないのではないでしょうか。

 

 

仮に60歳で退職したとします。

 

 

どれだけ生きられるかは人によりますが、仮に80歳としましょうか。

 

 

およそ20年間で3000万円と考えれば、まだ足りないと思われるかもしれませんね。

 

 

1年当たり、150万円で暮らしていくこととなります。

 

 

150万円を12ヶ月で割れば、1ヶ月で使えるのは12万円少々です。

 

 

これはかなり厳しいのではないでしょうか。

 

 

もちろん、年金というものはあります。

 

 

そのため、収入がゼロというわけではありません。

 

 

しかし、年金を当てにするというのは、あまり現実的ではないでしょう。

 

 

現時点でも既に破綻の兆候を見せているので、20年後や30年後に年金が機能しているかは疑問が残ります。

 

 

そうすると、当てになるのは貯金しかありません。もちろん、実際には状況が違うでしょう。

 

 

最近は60歳を超えても働く方も多いですし、60歳の時点で収入がゼロになるとは限りません。

 

 

仮に会社を辞めたとしても、農業といった違うことを始める方もおられます。

 

 

ただ、そのようなことを考慮しても、もう少し貯金は欲しいところです。年を取ると、どんな理由でトラブルが発生するか分かりません。

 

 

病気で働くことができなくなるという可能性もあります。

 

 

その場合は、収入がなくなるだけでなく、医療費の負担が増えていくでしょう。

 

 

年金といった面で不安が残ることを考慮すると、3000万円の貯金では足りないということも十分あるかと思われます。

スポンサーリンク