老後を意識し、積立を利用してみる

老後を意識し、積立を利用してみる

貯金を行うということは、意外と難しいものです。何故難しいかは人によっても変わってきます。

 

 

しかし、最も大きな理由は「貯金をしなくても咎められない」という点ではないでしょうか。

 

 

当たり前ですが、税金を払わないというのは問題です。

 

 

同様に、借金やローンがある場合にそれを払わないのも問題となります。

 

 

どちらも督促が来るので、これらを無視するということはできないでしょう。

 

 

家賃や光熱費の支払いなども同様で、払わないといけないものです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

しかし、貯金をしないからといって、誰かから咎められることはほとんどありません。

 

 

中には、貯金額を聞いてくるような人もいるかもしれませんが、そんな機会は少ないでしょう。

 

 

貯金が問題となるのは、結婚を考えている恋人がいる場合や、親といった家族に会う時などではないかと思われます。

 

 

しかし、払わなければいけない税金と違って、お金を貯めるということは任意です。

 

 

貯金をしなくても文句を言われないのならば、お金を使ってしまうという方向に流れていくのは仕方がないことではないでしょう。

 

 

若いうちはそれでも問題はないかもしれませんが、老後に苦しむ可能性が高めとなっています。

 

 

お金を貯めるという意識が少ない場合は、老後にも同じような行動パターンを繰り返す可能性が高いでしょう。

 

 

場合によっては、ギャンブルにはまったりしてしまうかもしれません。

 

 

そうならないためには、若いうちに貯金を行うという習慣を付けておくと良いでしょう。

 

 

もちろん、自分の意志でそれを行えればベストなのですが、意志が弱くてできないという方も多いかと思われます。

 

 

そのような場合は、積立預金を利用すると良いでしょう。

 

 

積立預金は、強制的に支払いが行われます。

 

 

先に挙げた税金のような性質を持っていると考えても良いでしょう。

 

 

どうしても貯金ができないというならば、積立預金を借金の一種だと考えてみて下さい。

 

 

貯金ではなく、絶対に払わないといけないお金と考えて生活していくのも手です。

 

 

積立があるのは、貯金だけではありません。投資信託にも積立があります。

 

 

実は、積立預金のように毎月支払いを行うというタイプの商品は多くあるので、もし気になった方は調べてみて下さい。

 

 

積立で株式を購入していくというものもありますし、金を購入できるという商品もあります。

 

 

積立にはデメリットもあり、破綻してしまうという可能性は否定できません。

 

 

しかし、若いうちなら取り返しがつくかと思われます。

スポンサーリンク