独身女性の老後とそのための貯金

独身女性の老後とそのための貯金

若者の結婚離れが進む昨今、老後の生活に不安を抱えているという女性はとても多く、老後のための貯金を既に始めているという20代も珍しくありません。

 

 

特に、パートタイムで働いている女性などは自分の今の収入や老後に対する不安が強い傾向にありますが、次独身女性の場合、老後はどのくらいの金額が必要になるのでしょうか。

 

 

もしも身体を壊してしまったら、もしも介護が必要になったら…と多くの女性がさまざまな不安を抱える「老後のための貯金」に関してを見ていきましょう。

 

 

独身女性の方や、老後のための貯金を考えているという方は参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まず、60歳以上の独身女性が一ヶ月に使う生活費というのが平均で「15万円」と言われていて、これを女性の平均寿命に当てはめると単純計算で総額が5000万円ほど必要になることが分かりますね。

 

 

生活費だけならまだ良いのですが、老後も住む家の家賃は必要になりますしローンなどの支払いが続くという方もいらっしゃると思います。

 

 

ですから、基本の生活費である15万円にたとえば5万円を上乗せしてみると、60歳以降の独身女性の生活費は約6700円ということになります。

 

 

ですが、この金額の全てを用意しなくてはいけないということではなく、なぜならそれは年金という制度が日本にはあるからですよね。

 

 

ではその年金をいくら受け取れるか、というのは現役時代に加入していた年金の種類や職種、働き方によって変わってくるものですからはっきりとは分かりません。

 

 

そこまで大きな誤差がないにしても人それぞれということになります。

 

 

それでも、一般的には60歳以降の独身女性が受け取れる老齢厚生年金額は3000万円ほどと言われていますので、これを基準に考えてみましょう。

 

 

平均的な生活を営んでいくために必要になる金額は5000万円で受け取れる年金の額は3000万円ですから、単純に用意すべきは2000万円と分かりますね。

 

 

ローンや家賃、趣味にお金を使うことを想定しても用意すべきなのは3700万円です。

 

 

けっこう大きな額に感じますが、ここから他に差し引ける要素はないものでしょうか?

 

 

この他には会社を退職した際の退職金、既にしてある分の預貯金、生命保険の満期金や個人年金など…人によりますがこれらを差し引くことが出来ますね。

 

 

何にせよ、いつ何があってもおかしくない世の中ですから、少しでも早いうちから老後のことを考えて貯金は初めておきたいものですね。

スポンサーリンク