保険で老後の貯金をしよう

保険で老後の貯金をしよう

ある会社が行ったアンケートによると、平均して老後(60歳以降)の生活に必要になるお金というのは、一人あたり単純計算で3000万円となりました。

 

 

これは聞いたことがあるという人も多いでしょうし、これを元に老後の貯金をしているという方もたくさんいらっしゃると思います。

 

 

本当に3000万円も必要なのだろうか、と考える人ももちろんいらっしゃると思うのですが、実際のところはどうなのでしょう。

 

 

この一般に言われる「3000万円」というのは平均寿命まで生きることを想定した時に、必要最低限かかる費用のことで、その他は一切加えられていません。

 

 

たとえば病院に通うための医療費やファッションなどの趣味にかけるお金、住宅の家賃に子供への援助資金、冠婚葬祭など他にもお金が必要になる場面は多々ありますね。

 

 

では、効果的に老後のための貯金を行っていくためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

就職難でもあり給与はどんどんと下がっていっている現代、老後のために貯金をしなくてはと考えていても思うように捗ってくれないことだってあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

たとえば保険が必要だという方は、保険で併せて貯金していくことをオススメします。

 

 

保険でお金を貯める方法は、大きく増やすことは望まないので安定して貯金をしていきたい、という方にもオススメですので実践してみてください。

 

 

老後の資金を蓄えるために保険に加入するのであれば、最もオススメなのは「低解約返戻金型終身保険」なのですが、この文字列ではあまりにややこしいですよね。

 

 

簡単に言うと、「保険料をキッチリ支払い続ければ資金が増える上に死亡保障にもなる」というような内容の保険になります。

 

 

特徴としては運用に寄る金額の増減がないことで、金額が固定されているからこそ積立を不安なく行っていける、というのが一番のメリットですね。

 

 

ただ、ひとつだけ注意したいのは保険料の払込期間内の解約についてです。

 

 

途中で解約してしまうと、解約したときの年数にもよるのですが最大で7割ほど減らされてしまいますので、保険料はしっかりと設定期間まで払い続けるようにしたいですね。

 

 

ちなみに、月払いだけでなく一括で支払うこともできます。

 

 

このように保険で貯金を考える方法は、保険の必要性を感じていない人や、3〜5年ほどの短期間で貯金したいと考えている方には向きませんが、保険が必要な方や時間がかかっても問題がないという方にはメリットの大きな方法です。

 

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク