おひとりさまでも困らないように

おひとりさまでも困らないように

もう「おひとりさま」という言葉がよく使われていた頃からはけっこう経ちましたが、今でも生涯を独身のままで過ごす方が減ったわけではありません。

 

 

一人でいることがダメだ、ということではないのですが、老後を一人で過ごすということはそのための準備も一人で行っていかなくてはいけないということですよね。

 

 

今現在の公的年金受取額は、たとえばサラリーマンの場合で月に約17万円。

 

 

そして無職の高齢者の平均支出が月に15万円ほどとなっていますから、今サラリーマンをしている男性の方であれば年金のみでの生活も可能ということ。

 

 

それでも、この月に約17万円という年金の収入に関しても、平均的な報酬が35万円以上で40年間勤続した場合のものになりますから、これより収入の低いサラリーマンになりますと当然受け取ることが出来る年金額もこれより少なくなってしまいます。

 

 

では、余裕ある老後の生活には一体いくら必要となるのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

一般的には3000万円ほどという風にも言われていますが、サラリーマンの男性を例にとって少し具体的に考えていきたいと思います。

 

 

マイホームなのか、それとも賃貸なのかという住まいについてもまた変わってきますが住まいに関しては賃貸だったと仮定し、月20万円が必要だとして計算してみましょう。

 

 

まずは20万円の支出が1年分、つまり12ヶ月分必要になりますから20×12。

 

 

そしてこれを平均寿命である80歳前後まで必要と考えると20×12×20となりますから、結果4800万円となりますね。

 

 

サラリーマンの平均年収は4000万円ほどとなっているので、差額は800万円ほど。

 

 

この計算を見ると、3000万円を貯金してあったとしても老後の生活はけっこうギリギリのものになってしまうということになります。

 

 

ですが、今の時代3000万円の貯金というのはあまりに非現実的です。

 

 

最近は定年退職の年齢を引き伸ばすという話もありますし、やはり老後のために65歳まではしっかりと健康に働いてお金を貯めていきたいものですね。

 

 

年金の受給もありますし、子供がいないのであればその分援助する必要もなくなって上の計算よりは少しゆとりが出来るとは思いますが、備えておくに越したことはありません。

 

 

将来、おひとりさまでも生きていけるように、貯金は早めから始めましょう。

 

 

老後のことはイメージが湧きにくいことですから簡単ではありませんが、自分のためのものですからないがしろには出来ませんよね。

スポンサーリンク