老後の貯金を行う上でのポイント

老後の貯金を行う上でのポイント

公的年金に対する不安、変わっていく退職金制度、…老後への不安がつきないのは20代も30代も40代も、そして男性も女性も同じことです。

 

 

老後のための資金を貯めるのは早ければ早いだけ良いのですが、その方法はさまざまですから、できるだけ効果的で効率のよい方法で貯金していきたいものですね。

 

 

現役時代から始めておきたい老後のための貯金に関してを見ていきます。

 

 

ポイントはたったの4つ、「毎月貯めること」、「取り崩さないこと」、「優遇税制は積極的に利用すること」、「ある程度のリスクも時にはおかすこと」です。

 

 

では、各ポイントごとに少し詳しく見ていくことにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まずは1つ目の「毎月貯める」という部分ですが、これは老後のための貯金だけに限らずお金を貯める上では大事なポイントです。

 

 

コツコツ地道に、というのは手間がかからない方法である分途中で挫折してしまいやすい方法でもありますから、決めた金額を毎月自動引き落としで貯めるのがオススメ。

 

 

毎月大きな金額を貯めようとしなくてもいいので、一定の金額とペースを常に保ちながら貯金できるように意識することが大切ですよ。

 

 

2つ目、「取り崩さない」というのも大事で、ある程度貯まってくると気持ちがつい緩んで「少しくらい使ってもよさそうだな」という気になってしまいます。

 

 

このときに実際に使ってしまわないように、貯金の途中でどうしてもお金を使ってしまいがちだという方は、現金化できない保険や解約にペナルティが発生する保険、厄介な手続きの多い保険などを利用してみるのも1つの手ですね。

 

 

3つ目は資産を増やすためには「税制を味方にする」ことが大事なことですからね。

 

 

「ある程度のリスク」という4つ目についてですが、リスクを避けてばかりでは貯まるものも貯まりませんから、多少のリスクはおかしてみることも大切なのです。

 

 

大きさに関わらず進んでリスクをおかすのではありませんので、ここは履き違えないように注意したいところではありますが、少しくらいは必要であるということです。

 

 

その時々の状況に合わせてリスクを選択してください。

 

 

このように老後の貯金をしていく上でのポイントを見てきましたが、人によって老後の生活にかかる金額というのはまた少し変わってきます。

 

 

将来の自分やその周りのことをイメージしながら貯金は行っていくようにしましょう。

 

 

闇雲に「貯めよう!」とだけ思って始めてみても、貯金はなかなか捗らないものです。

スポンサーリンク