海外の不動産投資

海外の不動産投資

不動産投資といえば、国内のものを思い浮かべるかもしれません。

 

 

しかし、実際には海外の不動産投資もあるのです。

 

 

海外での不動産投資の話自体は非常に多くあります。

 

 

しかし、登場する国はフィリピンやマレーシアが多いのではないでしょうか。

 

 

この海外の不動産投資は、リスクが高いと言っても過言ではありません。

 

 

逆に、リスクに見合うだけのリターンがあるとも言えないのです。

 

 

不動産投資を行う国について、その特徴をよく知っておく必要があります。

 

 

数回訪れたことがある、程度ならばまだ足りないでしょう。

 

 

どのような国民性なのか、日本との法律の違い、トラブルが起こった時の対処法といったものは抑えておかなければいけません。

 

 

法律やトラブルについて勉強しなければいけないのは国内の不動産投資でも同じですが、やはり海外の方が大変です。

 

 

仮に、一回も訪れたことのない国で不動産投資を始めるという場合、その苦労は相当なものでしょう。

 

 

しかし、これだけ大変であるにも関わらず、海外の不動産投資の話自体は多いのです。

 

 

いくつか理由は考えられます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まず、新興国はこれからの成長に期待ができるという点です。

 

 

国が成長するなら、その土地にも価値が出てきます。

 

 

良い物件を確保しておけば、良い投資になるというのは事実でしょう。

 

 

日本から移住しようと考えている方も多いかもしれません。

 

 

お金持ちの中には、日本の税制が嫌だから海外に移住するという方もいらっしゃいます。

 

 

この辺りは、現状でも問題になっているので法律が変わる可能性はあるでしょう。

 

 

ともかく、海外への移住を考えているという場合に、その国の不動産に投資するという選択肢があるのは確かです。

 

 

メリットもあるものの、海外への不動産投資はリスクが高いという点は変わりません。

 

 

為替の問題もあるので、円の動き次第では損をしてしまう可能性も十分にあります。

 

 

さらに、新興国ではカントリーリスクも考えなければいけません。

 

 

カントリーリスクとは、その国特有の問題と言えるでしょう。

 

 

日本にもカントリーリスクは存在します。

 

 

地震の多さなどは代表的ではないでしょうか。

 

 

新興国の場合は、情勢が不安定という場合が多くあります。

 

 

経済も、その不安定さの影響を受ける場合があるので、安定しているとは言えないでしょう。

 

 

情勢が不安定な国の場合は、治安が良くないなどの問題も発生します。

 

 

もし、海外の不動産投資に興味があるなら、カントリーリスクは知っておかなければいけません。

スポンサーリンク