FXとはどのようなものか

FXとはどのようなものか

お金の運用の分野で、株式と並んで有名なのがFXです。

 

 

正確には、外国為替証拠金取引という名称ですね。為替を利用して、お金を稼ぐことができます。

 

 

円高、円安という言葉を聞いたことがないという方はまずいらっしゃらないでしょう。ニュースなどで頻出の言葉です。

 

 

円の価値というものは日々変わっています。円高は円の価値が上がっている状態、円安は円の価値が下がっている状態です。

 

 

もっとも、輸出企業にとっては円安の方が歓迎されるので、円高が良いというわけではありません。

 

 

日本の円の他に、アメリカのドル、EUのユーロなど、世界には様々な外貨が存在しています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

FXは、外貨と為替相場を利用して取引を行っています。

 

 

仮に、現在1ドルが100円であると仮定しましょう。そして、100万円を使って1万ドルを買うとします。

 

 

その後、1ドルが120円になったら、買った1万ドルは120万円で売れますよね。逆に、80円になったら80万円となってしまいます。

 

 

使う外貨の種類は様々ですが、基本的な原理はこれだけです。為替相場の値動きにより発生する差額を狙うものとなっています。

 

 

例では20円も動きましたが、実際にはそのように大きく動くことはまずありません。もっと細かい動きの中で取引を行うこととなります。

 

 

このFXは、24時間取引を行うことが可能です。

 

 

株式の場合、基本的には証券取引所の営業中にしか取引ができません。

 

 

しかし、FXではインターネットを通していつでも取引ができるのです。

 

 

簡単にFXについて説明しましたが、このFXは危険であるという声もあります。

 

 

実際、FXに手を出したせいで破産してしまったという人も珍しくありません。

 

 

・・・話は変わりますが、バカラというギャンブルはご存知でしょうか。恐らく、名前なら聞いたことがあるかと思われます。

 

 

会社社長みたいな人がバカラで大損を記録したというニュースは時々流れますし、ニュースになっていないところで大損を記録している方も多くいらっしゃるでしょう。

 

 

バカラは、簡単に説明すると、どちらが勝つかの2択を当てるというものです。FXは、外貨の価値が上がるか下がるかを予想して取引を行います。

 

 

似ていると思いませんか?

 

 

バカラで大損が出るのは、50%の確率で当たるという点があるからです。10%なら、恐らくほとんどの人は手を出さないでしょう。

 

 

50%ですから、外れても取り返せると熱中してしまうのです。

 

 

FXがバカラと同じとは言いませんが、システム的には割と似ています。バカラと似ているという点は常に留意しておく方が良いでしょう。

スポンサーリンク