資金運用はとってもカンタン

資金運用はとってもカンタン

現代の若者は自分の将来のために貯金をしておくという考えが薄いようで、貯金が全くないというような20代は決して少なくありません。

 

 

ちゃんと貯金しているという方は、その貯金を資産運用に回していますか?

 

 

貯金は増やせるものですので、資産運用を正しく理解して行っていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

資産運用ってなんだろう、という方に一言で説明すると「自分のお金を使って自分のお金を増やすこと」です。

 

 

そして、資産運用初心者の方にはローリスクのものがオススメなのですが、ローリスクというのは変動が少なく大きな損を出してしまうリスクの低いもののこと。

 

 

代わりに利益も少なくなりますから、ローリスクな資産運用方法はローリターンな資産運用方法であるとも言えますね。

 

 

初心者の方に一番オススメなのは「定期預金」。

 

 

方法を単純に説明すると、預入期間を設定してその期間銀行に預金をします。

 

 

そのお金を元に銀行側は利益を出し、預入期間が終了した後に利益を上乗せした形で自分にかえってくる、というもの。

 

 

メリットは大きくふたつで、ひとつは満期までお金の引き落としができなくなりますので、強制的に貯蓄せざるを得ない状況になるということです。

 

 

得に散財癖があるという方は「ついつい使いすぎてしまった…」という事態を防ぐことができますので、効果的に資産運用を行っていくことができますね。

 

 

もうひとつは普通預金と比べて高い金利がつくということ。

 

 

銀行によっても預入期間やその額は変わってくるものではあるのですが、普通預金は0.01〜0.05%くらいの金利が基本となっているのに対して、定期預金は0.2〜0.4%ほどの金利となっています。

 

 

他の資産運用方法から見るとどちらも低い方ではあるのですが、普通預金と比べればその差は一目瞭然ですよね。

 

 

預入の期間中はお金の引き落としができないということがどうしてもデメリットに感じてしまう、という方には向かない方法です。

 

 

また、解約の際には違約金が必要となるので合わせて覚えておきましょう。

 

 

解約したことで結果損をしてしまえば預けた意味がありませんから注意が必要ですよ。

 

 

「資産運用と言われてもよく分からない」、「自分には関係ないと思う」と考えている方もこれを参考にして自分の資産を増やすことを一度考えてみてください。

 

 

いつ何が起こるか分からない現代だからこそ、いざという時の備えは大事なものです。

 

 

将来のためにもお金についてはしっかりと普段から意識しておきたいですよね。

スポンサーリンク