生命保険を利用した運用方法

生命保険を利用した運用方法

日本人は、世界の中でも特に保険が大好きな国民だと言われているのはご存じですか?

 

 

安定、安全を好む気質がそうさせるのか、ここまで保険にいくつも加入する国民って、実はあまり多くないのだそうです。

 

 

若い間は保険に殆ど入っていない、という人も少なくありませんが、社会人になって働き出すと、ついつい幾つか保険に加入してしまうもの。

 

 

結婚して家族ができれば、家族のためにも勧められた保険に入ったほうがいい気がしてきますよね。

 

 

でも、ここで少し考え方を変えて、貯金を運用するために保険に入ることを検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

保険で運用なんてピンとこない人も多いでしょうが、商品によっては預金よりずっとお得に資金を増やせるんです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

生命保険では、顧客から預かった保険料を保険金支払いなどに当てるため、一定金額を運用し、支払い能力を維持しています。

 

 

預金でなく、運用なので、利率がグッと良くなるというわけです。

 

 

生命保険にはいろいろな種類がありますが、中でも特に運用利率が高いのが、学資保険や一時払い生命保険です。

 

 

特に学資保険は子供が将来必要とする資金を保険で賄うためのものですから、かなりの高利率が設定されている商品も少なくありません。

 

 

保険料は通常、毎月払い込む形になりますが、まとまった資金が手元にあるなら、一時払いで申し込めるタイプの保険を探してみましょう。

 

 

かなりお得な条件で加入することができます。

 

 

こうした保険への加入を検討すると同時に、今入っている保険については見直しをすすめましょう。

 

 

特にありがちなのが、医療保険。

 

 

安い保険料で加入できるのが特徴ですが、必要かどうかを見極める必要があります。

 

 

一年間で使用した医療費が一定額以上に登る場合、確定申告を行えば医療費の還付が行われることはご存じですか?

 

 

医療保険は高い医療費の負担を減らすため…と言われていますが、実際は一定額以上に医療費がかかることはないのです。

 

 

差額ベッド代などは適用外なので、こうしたサービスを利用する人は医療保険があると便利かもしれませんが、そうでない場合、思い切って解約してしまってもいいかも。

 

 

私達の生活にとって身近な生命保険だからこそ、見直したり運用したりする方法がたくさんあるんですね。

スポンサーリンク