多くなっている専業主婦の借金

多くなっている専業主婦の借金

専業主婦の借金が最近は多くなっているということをご存知でしょうか?

 

そして、滞納してしまうケースがとても多いのです。

 

専業主婦が借金をする理由は実にさまざまですが、そんな、今多くなっている「専業主婦の借金」について少し見ていきたいと思います。

 

 

お金を借りることを考えているという専業主婦の方、今現在借りているという方、今現在返済が滞っているという方は参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まず、最初に書いたように理由はさまざまで、買い物好きでクレジットカードでのショッピングに注ぎ込んでしまった、暇潰しに手を出したネットゲームやパチンコにハマってしまった、という方もいますが1番多いのは家計が苦しかった時に給料日までの足しにと思って借りた、というケースです。

 

 

中にはマルチ商法などに引っ掛かってしまう方もいますので、まずこういったマルチ商法には気をつけたいものですね。マルチ商法は簡単に稼げるなんてもってのほか、友人などにすすめてしまうと築いてきた信頼関係までも失うリスクが高いのです。

 

 

さて、専業主婦の借金が増えている原因のひとつに「気付かれにくい」ということがあり、専業主婦は基本的に家計を預かっている身ですので、督促状や最速の電話といったものを家族に気付かれずに1人で対処することも比較的簡単です。

 

ですから、借金のことを家族には言っていないという方も多いんですね。

 

 

今、日本の賃金業法では専業主婦の場合、配偶者の同意とそれに伴った同意書が必要となっており、借り入れる金額も本人と配偶者の年収合計の3分の1まで、と決まっています。

 

なので、「5万円程度借りただけだったのに今では100万円以上に膨れ上がってしまった」という極端な借金を背負うことは昔に比べてかなり減っています。

 

 

だからといって、借金に変わりはありませんし、返さなくてはいけないお金なのですからもちろん油断して良いというわけではありません。

 

 

なかなか人に相談できることではないから悩んでしまうものだとは思うのですが、もしも借金の返済が滞ってしまったという場合は誰かに相談することが大切です。

 

間違っても、他者から借りたお金を返す、ということは行わないようにしましょうね。

 

 

親や旦那などどうしても身近な人には相談しにくいという場合は、弁護士や司法書士が行っている無料相談を利用してみるのも手です。

 

 

とにかく、1人で悩んであれこれしようと考えていても、結局自分の首を締めてしまうことになっては意味がありませんから、相談するということが何よりも大事なのです。

 

なんとかなるだろう、という考えが1番いけないものなんですよ。

 

 

▼借金問題に専門特化した妥協なき過払い請求と極限の交渉術でおこなう債務整理