本当に困ったときの債務整理

本当に困ったときの債務整理

借金を抱える方が悩むのはどのようなポイントについてでしょうか。

 

相談できる人が身近にいないということや返済に追われてどんどんと生活が圧迫されていくこと、いつ返し終わるのかという不安、…といろいろあると思うのですが、そういった方たちは一度借金を整理してみることをオススメします。

 

 

テレビCMや電車の広告でも目にしたことがあると思うのですが、借金というのは場合によって減額になったり帳消しにできることがあるのです。

 

借金に追われるばかりの生活になってしまう人がいるのはあんまりですから、そういった状況を防ぐための法というものがきっちり用意されているのです。

 

 

それが借金の整理、「債務整理」になります。

 

では、この債務整理について少し見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

債務整理には3つのステップがあり、このステップを正しく理解することがまず大事なことですので、債務整理を考える方はしっかりと知識をつけておきましょう。

 

 

第1ステップは自分の借金の総額を確認することと、必要となる書類を準備すること。

 

債務整理は基本弁護士などに相談して行っていくことになりますが、相談前に必要な書類を準備してあるかないかで相談の進み具合がかなり違ってきます。

 

 

必要書類というのはたとえば免許書や戸籍謄本といった身分証明書に始まり、所有しているすべてのクレジットカード、ほかには給与明細や源泉徴収票、他にも各種登記謄本などになります。

 

 

債務整理と一口に言っても大きく5つに分けることができるのですが、借金状況によってその中のどの方法が適切かを決める必要があるのです。

 

弁護士の方が判断するところですから、どの方法に決まってもスムーズに勧めていけるようにこれらの書類準備はしっかりと行っておきたいものですね。

 

 

ステップ2は弁護士探しで、選ぶ際に重視したいのはズバリ「実績」。

 

手続きや交渉が長引けばその分費用がかさんでしまいますので、実績を積んで慣れている弁護士にお願いするようにしたいですね。

 

 

最後のステップは、相談を無料で実施している事務所を選ぶということ。

 

相談の段階で実際の手続きや交渉にいくらかかるか、という費用の相談をしておくのがオススメで、しっかりここを聞いておくと安心して依頼することが出来ますよね。

 

この点からも、各ケースにおける総額を把握している実績ある弁護士に頼むのが確実です。

 

 

このように大事なポイントはたったの3つ。

 

これをしっかりとおさえて、債務整理は行っていきましょう。

 

 

▼借金問題に専門特化した妥協なき過払い請求と極限の交渉術でおこなう債務整理