緻密な返済計画が何よりも大事

緻密な返済計画が何よりも大事

わざわざ言われなくても誰もがちゃんと分かっていることだとは思いますが、借金をしたらそのお金は必ず返さなくてはいけないものです。

 

借金に関連するトラブルの多くは「返せない」という返済に滞ってしまう状況から生まれますが、借金を返済しなかった場合というのはどのようになってしまうのでしょうか?

 

 

借りた金額よりも金利よりも何十倍も高くついてしまうのが「損害賠償金」ですから、借金をする際はしっかりと返済計画を立ててから借りたいものですね。

 

借金を返済しなかったらどうなるのか、というところについて見ていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

借りた側がどれだけ「返せない」と言っても貸した側が許してくれるなんてことはありませんから、もちろん返済を迫ってきます。

 

このとき利息が加わるだけでなく、損害賠償金までを上乗せされると困ってしまいますね。

 

 

契約の段階で契約書などの重要書類には、返済期日までに返済できなかった場合の損害賠償額についてや、契約に違反するような事態があった場合の違約金に関しての記載が業者からの借り入れの場合間違いなくあるものです。

 

ですから、ここのチェックを忘れずに行うことが大切ですよ。

 

 

損害賠償額というのは「利息制限法の1.46倍」を超えない限り有効である、となっているので、元金と利息の他にまたこの損害賠償金を支払うことになります。

 

 

借り入れを分割払いで契約したのに月々の返済が滞ってしまったら、借りた金融機関からは督促状が届くのですが、これを放っておくと更に「契約解除」の通知が届きます。

 

そしてこの契約解除を言い渡されてしまえば、残金の一括払いを求められ、最終的には裁判という形につながることもあります。

 

 

少しくらいなら滞ってしまっても大丈夫だろう、という考えが1番危険です。

 

親や友人から借りたお金を返すのに苦労するのとは訳が違い、この場合は信用を失うだけかもしれませんが金融会社からの借金はそればかりではありません。

 

社会的な自分の立場や生活というものも危うくなってしまうのです。

 

 

そういった事態を避けるためにも、返済計画は事前に細かいところまで考えてキッチリと立てておくことが大事なのです。

 

返済を滞らせてしまったばかりに結果として利息よりも高くついてしまった、という風にならないために「理解」と「計画」の重要性をしっかりと認識しておきましょう。

 

 

少しの滞りが大きな傷を生み、どんどんと広げていってしまうものです。

 

借金はよく考えた上で行うようにしましょう。

 

 

▼借金問題に専門特化した妥協なき過払い請求と極限の交渉術でおこなう債務整理