一人暮らしで貯金するには

一人暮らしをしていると生活費による出費が大きく、なかなか貯金ができません。

実家で暮らしている人と比べてしまうと、どうしても光熱費や家賃といった所で大きな差が生まれてしまいます。

ですが、例え一人暮らしをしている方でも生活の中で工夫したり、節約したりする事で、十分に貯金する事は可能となっています。

お金を貯めるには、無駄な出費を減らす事が大事なので、まず一日の生活を見直してみて下さい。

生活の自分の行動の中で無駄はあるのか、もっと節約できる点はないのかといった所を注目して見ていきましょう。

実家暮らしだと、自分が負担している・していないにも関わらず、あまり電気や水道の無駄遣いを気にしない人がいます。

そういった気持ちが抜けないまま暮らしていると余計な出費になり、少しの金額かもしれませんが、それが積もりに積もって大きな金額となるのです。

一番生活費の中でも大きく占めているのが「食費」だと思います。

一人暮らしをしている人の多くは、食事を作るのが面倒と外食したり、スーパーやコンビニで弁当を買ったりしてしまいがちです。

ですが、これらは時間の短縮には良いかもしれませんが、食費として長期的に考えた場合に大きく費用が掛かってしまいますし、健康の問題もあります。

あと趣味や習い事でお金を使うと思いますが、何が必要で何が不要なのかを改めて見直してみましょう。

これらの生活費を改めるだけで節約ができ、お金に少し余裕が生まれますので、貯金に回せば良いですね。

もう一つ生活をしていく中で気を付けたい事があり、趣味や生活費でも良いのですが、それらのお金の支払いをクレジットカードで行う事が多くないでしょうか。

一人暮らしでなくても気を付けないといけませんが、特にクレジットカードでの支払いだと、現金ではなく口座からの引き落としになります。

それに、光熱費や通信費や保険等の費用も口座引き落しにしていると、これらが混ざってしまってお金の流れを把握し辛いというデメリットもあります。

自分の財布から支払っていないので、お金が減った気がしない感覚になっていますから、お金の流れを把握する事はとても大事です。

まして自分一人だけで生活している訳ですので、それを知っていないと何に使っているのか分からず、節約するポイントが見えてこないし、ヘタをすると破産にもつながりかねません。

クレジットを利用するならインターネット上での明細サービスを各カード会社毎にしっかり把握するなど注意していれば、一人暮らしでも節約は可能となってきますし余剰分を貯金に回せます。

自分の足元をしっかりと見つめる事で、どうすべきかはおのずと分かってくるでしょう。

スポンサーリンク