人付き合いと出費

出費が増えてしまう原因として、人付き合いがあるでしょう。友人や同僚と遊びに行くということもあるかと思われます。

恋人と過ごすこともあるでしょう。飲み会をやったり、遊びに行ったりするのは楽しいものです。

でも、これらは無料というわけではありません。大体の場合はお金がかかります。

程度にもよりますが、万単位でお金が消えていくことも珍しくありません。これらの出費を抑えればお金が貯まるでしょう。

ただし、長期的に見て有用かという点ではやや疑問が残ります。

人付き合いをやめてしまえば出費は減りますが、そのような人間が魅力的とは限りません。一例を挙げてみましょう。

働いているけれども友人は誰もいない。

恋人もおらず、会社での飲み会などにも一切姿を見せないという人がいたとします。

このような方は、出費を抑えるという面では満点ではないでしょうか。

交際費というものがかからないのですから、お金を貯めるということも十分に可能です。

ただ、このような人間にはなりたくないと感じるのも確かではないでしょうか。

近寄りがたい人物になってしまう可能性が高めとなっています。そして、そのような方が出世するということは考えにくいのです。

逆に、出世から遠ざかる可能性の方が高いでしょう。能力のみで評価する会社ならそうではないかもしれません。

高い能力があれば出世できるかもしれませんが、それでも人付き合いがないという人は評価されにくいでしょう。

確かに、人付き合いをやめてしまえば、出費が抑えられます。でも、同じぐらいチャンスを潰しているとも考えられるのです。

人付き合いをしていれば、人脈が作られてチャンスが巡ってくる可能性はあります。

断定はできませんが、人付き合いを放棄してしまってはそのチャンスはゼロに近くなるでしょう。交際費というものは、確かに無駄なお金です。

でも、その無駄なお金を出すことで何か新しい世界が広がるかもしれない、そういうものではないでしょうか。

運も絡むので、ギャンブルに近いと言えるかもしれません。

よく宝くじは買わなければ当たらないと言いますけれど、交際費はそれと似ています。

もちろん、無駄に遊べば良いというものではありません。

無計画に遊んでもただ浪費に繋がるだけなので、無駄ではないかと考えることや、取捨選択は重要です。

そして、それでも人付き合いなんて嫌だという方もいらっしゃるでしょう。それも一つの選択肢ですし、咎められるものではありません。

スポンサーリンク