自動販売機でジュースを購入するとムダが生じる

皆さん、自動販売機でジュースを買ったりしてますか?

今や自販機大国日本と呼ばれるほど自動販売機が多く設置されている日本。

人生、生まれて一度も自動販売機でジュースを買ったことがない人なんてほとんど居ないと思います。

飲みたい時に自販機があればいつでも小銭を投入して飲みたいものを変えて便利で手頃な自動販売機。

しかし、そんな便利な自動販売機のジュースの価格。少しづつ高くなってきていますよね。

消費税が導入されてから当時一本100円だったジュースも%が上がるにつれて110円、120円と上がって行き、8%に上がった時はさらに10円値上げして一本130円が相場となってしまいました。

10%になったら更に値上げなんてことも視野に入れるととんでもないことです。350ミリリットルのジュース一本に130円も使うなんて馬鹿げた話です。ペットボトルなんて160円ですよ。ここまでくれば流石に手が届きにくくなりませんか。

近くに自販機しかないとか、どうしても喉が渇いて我慢できない場合は別としてよく考えてみてください。

多少面倒であっても、スーパーやディスカウントストア等の小売店に足を運びさえすれば、同じ350ミリリットルの商品が一本100円未満で販売してあります。ペットボトルでも一本70円~120円ほどで買えますので自販機よりもかなりお得です。

レジに並ぶのさえ我慢すれば格安で同じ商品を手に出来ます。

そんなの知ってるよ!と突っ込みたくなりますが、案外これが面倒だったりするんですよね。

ジュース一本買うのにわざわざスーパーに入ってジュース一本だけ買うなんて面倒くさいし恥ずかしくてできないなんてこともあるんじゃないですか。

しかし、ジュース一本買うだけでもお店から見れば立派なお客さんですから恥ずかしがる必要は全然ありません。堂々とレジに持っていきましょう。

それをコンビニに例えてください。コンビニで購入するときはお菓子一個でもジュース一本だけでも気軽にレジに持っていけるはずです。スーパーもそれと同じです。

スーパーは人が多くて商品をたくさん購入する人が多いから、そういった多く買わないといけないという催眠まがいの暗示が自然と来るわけです。でもそんなことはありません。

もう一度言います。商品一個のみを購入するだけでも立派なお客さんです。何個買わないと受け付けない条件付きのスーパーなんてそうそうありません。

うまい棒一本買うだけでも全然行けます。子供たちが駄菓子を一個買ってるのをたまに見ますが、見てると懐かしくなって和むものです。

コンビニでの飲み物の価格もスーパーには劣りますが自動販売機で購入するよりも確実に安く買えますので、近くにコンビニがあればそちらを積極的に活用しましょう。

そうすれば無駄な出費を防ぐことにつながります。

スポンサーリンク