金に投資を行ってみる

金属の中でも、金というものは特に人を惹きつけるものです。

あまりに金をあしらったものを身に着けていると、成金っぽくなってしまうかもしれませんが、金が嫌いだという方はあまりいらっしゃらないでしょう。

どちらかと言えば、欲しいと思われている方が多いかと思われています。

この金ですが、お金の運用にも使えるのです。

俗に言う、金投資ですね。

まず、金投資の中にも取引の種類が幾つかあります。

そのため、どの取引がどんな特徴を持っているのか知っておかなければいけません。

幾つか紹介していきますが、まずは純金積立です。

イメージとしては、積立預金に近いでしょう。

毎月、口座から引き落として金に投資を行っていくものです。

金投資ではありますが、実際に金を手元に置いておくわけではありません。

取り扱いを行っている会社に対してお金を払うこととなります。

1000円という少額からはじめることができるのでリスクは少ないものの、リターンも少なめです。

初心者向けの商品と言えるでしょう。

次に紹介するのは金ETFです。

上場投資信託の一種となっています。

金投資に興味があるという方は、株式投資についても調べているのではないでしょうか。

金ETFは、株式投資に似た形で取引を行うのが特徴となっています。

既に株式投資を行っているという方は理解しやすいでしょう。

しかし、異なる点もあり、利回りはありません。

株式の場合は株主優待など、株価以外の面でのメリットがありましたが、金ETFでは取引のみで利益を上げることとなります。

金先物取引というものもあり、これはその名の通り金を使った先物取引ですね。

簡単に説明すると、将来的に金を購入する、あるいは売却するという契約をします。

この売買の権利を購入するのが先物取引です。

1年後に金の売買を行うことを決めた場合、実際に取引するのは1年後ですがお金を払うのは現在となります。

そして1年後に相場が上がっていれば差額が儲かるというわけです。

例として1年後としましたが、時期は利用者が選べます。

株式投資の信用取引のようなものと思っても構いません。

ただし、反対売買の時期を選べる信用取引と違って、金先物取引では指定した時期にしか取引を行うことはできないのです。

金投資の中でも特にハイリスク・ハイリターンな取引方法と言っても過言ではありません。

他にも、金投資には種類があります。

金への投資について興味があるという方は、調べてみても良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク