人それぞれの自分らしい生き方の推進

2019年1月14日

まずはじめに言っておきますが、

これは僕自身の想像なので了解頂いた上でお読みください。

今、日本人は皆幸せだろうか?

いま、全世界に住む人々は幸せでしょうか?

 

もちろん世界各地生まれた国や地域によって生活環境も違いますし、

貧困の差が激しかったり、食に余る国もあれば飢えた国もあります。

 

戦争等、人々の争いの絶えない国もあります。

 

その中で人々は自分らしい生き方をしているでしょうか?

周りに流されてはいないでしょうか?

 

この記事では身近な日本に焦点を当て、

日本の社会における我々の日常生活に焦点を当ててみましょう。

 

まず食について。

 

日本は先進国で治安も良く、いくら貧しい人でも

餓死することはよほどのことがない限り殆どあり得ません。

 

ホームレスでも最悪ゴミ箱を漁れば食べ物を手に入れられるし、

生活困窮者であれば生活保護という制度が受けられ、

最低限必要な環境の中で生活することができます。

 

不幸にも犯罪に手を染めてしまった人であっても

刑務所でご飯を食べることができます。

 

2018年現在、日本は食には困りません。

いくら生活が苦しくても低価格で食べ物を手に入れることができます。

 

自分らしい生き方をしている人は如何程か?

今度は仕事について。

 

ここがメインになりますが、

日本人は今、自分らしい生き方をしている人がどれくらいいるでしょうか。

 

仕事に就いても、本当にそれが自分の求めていた職種でしょうか。

 

あなたのやりたい仕事でしょうか。

 

過労でブラックな企業に居たりしませんか?

 

職場の上司や先輩に良いように使われたり、

理不尽な事を言われたりしていませんか?

 

今までの日本人の働き方や考え方は、

少なくとも高校まで通って、大学か就職の道を選ぶか、

就職したら定年まで働いて、定年を迎えたら

第二の人生を歩むというスタンスできていました。

 

もちろん2018年現在でもその考え方が残っている傾向はあります。

安定した良い企業に務めれば勝ち組だと言われていることもあるでしょう。

そんな中で良い会社に務められなくとも、生活のために我慢して働く人も数知れずです。

 

そこであなたに問います。

 

あなたが働く環境の中で、「本当に自分のやりたいこと」ができていますか?

 

僕が会社員生活をしてきた中では、とてもやりたいことができていたとは思えませんでした。

というか、思う余裕すらなかったのかもしれません。

 

あなたもそう思いませんか?

 

人は失敗を恐れ、安定を求め、安定が確約されたり

居心地が良かったりするとずっとそこへ居座る傾向があります。

 

たとえ希望しなかった職種であっても、

天職じゃなくても居心地が良ければそこで満足してしまう。

安定した大企業でも同じです。

 

そしてその職場環境の中で何かしら不満があったとしても、

職を失うのを恐れて安定のために我慢して働くこともあるでしょう。

 

雇用形態で働いている以上、言われたことをきちんとこなせば

ずっと置いてもらえる可能性は高くなりますが、

果たしてあなたはそれで満足でしょうか?

居心地が良くても、何か心の奥底で引っかかるものがありませんか?

「自分は本当にこのままで良いのか?」と、思うことがありませんか?

 

全世界もですが、日本は様々な職種があることと、

そこで働く人々によって経済が支えられていますね。

 

しかし、本当に心の底から自分がやりがいのある仕事だと思って働いている人は少ない。

経済は支えられているのにSNS・新聞・テレビで囁かれている各職場の不満や不満の声。

不満や不安のテーマは必ずと言っていいほど目にします。

 

天職と思って働いている人は10人に1人も居ないのではないでしょうか。

 

不安や不満には必ず理由があります。

その殆どが

「毎月の給料、残業手当、退職金等のお金の問題」

「定年までの将来の安定性」

「人間関係」

が絡んできているのではないでしょうか。

 

給料も良くて、将来が安定していて、愛和の中で仕事ができればどれほど幸せでしょうか。

 

皆がそのような環境に恵まれているのであれば、

妬み・憎しみ・嫉みも生まれず、

思いやりのある明るい職場で楽しく仕事ができているのではないでしょうか。

そして、自分らしく生きることができるのではないでしょうか。

 

僕は、人それぞれこの世に生を受けるということは、

「この世で何かしらやりたいことをやるため、またテーマを決めてそれを達するために」

来ているのだと僕は思っています。

 

本当にやりたいことをやって人生を楽しんでいる人が

一人でも増えれば素晴らしいことですが、

皆自分を守るために必死になってしまって人の事など考えていられない人が

結構いるのでそうそう上手くいかないのが現状です。

 

この記事を読んでいるあなたは、

ご自分の職場環境で自分らしい仕事ができていますか?

 

また、趣味を満喫していますか?

 

僕は当時、知識もなくやりたいことも無く、

ただ高校まで通って近くの会社に就職しましたが、

やりたくもない仕事に面白みを感じず、

もらった給料をパチンコにつぎ込んでいました。

 

やりたいことがパチンコしか無かったのです。

現実逃避するのもパチンコしか無かったです。

 

運送会社に勤めていて時々、

「このままこの会社に骨を埋める覚悟は自分にはできない」

と薄々感じていた自分がいました。

 

しかし会社をやめると収入が無くなることを異様に恐れ、

なかなか退職を言い出せない自分もいました。

 

でもそれは、世間体や親の顔を気にしたり、

次に働ける場所なんて自分なんかにないと思い込んでいたことにありました。

 

実際やめてみると大したこと無かったのです。

 

自己申請退職でも特定期間以上勤務したら

失業手当は3ヶ月後に数ヶ月はもらえますし、

失業手当の日数が特定以上残っていれば

就職支援センターでお金をもらいながら勉強することもできます。

 

就職できなくとも失業保険をもらったあとはアルバイトでもいいのです。

 

なんだかんだで働き先は見つかります。

 

ギリギリの生活でも、なんとか生きていくことができます。

 

その間、寄り道しながらも自分探しをしつつ、

いまある環境を活かして自分の力で生活して行く道を選んだ自分がここにいます。

 

人それぞれやりたいことができれば皆幸せになれる

話は戻りますが、自分らしい生き方や仕事をするにはどうすればいいのでしょうか。

 

人は十人十色。性格や価値観が異なります。

 

働くのが面倒な人もいれば、大好きな人もいます。

 

ものを作るのが好きな人もいれば、嫌いな人もいます。

 

人と話すのが億劫な人もいれば、コミュニケーションに富んだ人もいます。

 

つまり、人それぞれやりたいことで社会を支え合うようになれれば

不幸な人や不満な人がいる世の中は消えるのではないかと考えています。

明るい日本を作れるのではないかと思っています。

 

本当に自分のやりたいことは人それぞれ違って、

それを妄想でもできたら良いなと思う人は

かなり居ると思います。

 

会社員でも農業を希望する人がいたり、

建築士でも寿司屋で板前をやりたいと思う人もいたりします。

パティシエをしている人が漁師になりたいと思うことも稀であれ、あり得るでしょう。

 

自分らしい生き方を見つけるにはお金が必要

不安や不満を解消して自分らしい生活をしていくには

どのようなことをすればいいのでしょうか。

それをどうやって具現化していくのでしょうか。

 

その解決策は第一に「お金」ではないでしょうか。

「毎月支払いに怯えることなくお金に縛られずに暮らすための収入源の確保」が

必要ではないでしょうか?

 

簡単に言うと、収入源を確保さえしてしまえば自分のやりたいことができるということです。

収入源の確保は早ければ早いほどいいです。

 

人生の中でお金の問題を解決すると、ほとんどの悩みがなくなります。

 

日本は資本主義国ですからなおさらです。

 

人生(時間)は有限ですから、収入源が早く確保できれば

やりたいことが早く見つかり人生を楽しむ時間も多くなります。

 

気づいた今からでも真の自分さがしを行うことは遅くはありません。

 

本業だけでは満足行かないと感じているのであれば、

副業を行うことを視野に入れてみると良いです。

 

安定が揺らいでいる今こそ副業に目を向けてみて

トップページに書いたように、収入源が雇用一本のみの場合は

黄信号だと警鐘を鳴らしています。

 

今、日本社会全体的に見て、雇用社会の安定性が揺らいでいるからです。

 

質問ですが、あなたが務めている会社に将来性はありますか?

ずっと続いていくという確信はあるでしょうか?

 

おそらくは、「ある」と答える人は半分以下なのではないでしょうか。

または、認めたくても認められない自分がいるのではないでしょうか。

 

今は大企業であっても、潰れたり吸収されてしまう会社が増えてきていることは

ニュースやSNS等の情報でご存知かもしれません。

他人事だと思っていても、それがいつ自分の身に降り掛かってくるかは分かりません。

 

ちょっと話が脱線しましたが、リストラされてしまっては

自分らしい生き方を見つける前に仕事を見つけなければいけません。

 

そうなる前に、あなた自身が雇用が無くても生きていけるような

体制を確立させる必要があると思いませんか。

 

これからは働き方も変化する時代が到来します。

 

国も副業を推進し始めているように、

自分の身は自分で守らなければいけなくなってきています。

 

格差社会はますます差を広げていき、知識ある者は勝ち、無き者は負けます。

また、動く者は勝ち、動かない者は負けます。

人に価値を与えて富を得よ

人は誰かに付加価値を与えることでお金を貰っています。

 

あなたが働いているなら、その会社へ時間を売ってお金を貰います。

あなたが農家なら、作った作物を市場へ納めたり、各家庭の消費者へ届けることでお金を貰います。

 

ここでは、あなた自身が持っている「知識」を付加価値として人々へ届け、

お金を貰う選択肢があることをお伝えしたいと思います。

 

すでにご存知の場合はご容赦頂きたいですが、

誰にでも安定した収入が貰える可能性のある副業は、

「インターネットを使ったビジネス」です。

 

株・FX・せどり・ドロップシッピング・オークション・アフィリエイト等

様々な分野のネットビジネスが存在しますが、

ビジネスと言っても難しく考える必要はなく、

まずはこれらのうち、一つのジャンルをこなせばOKです。

 

僕が勧めるビジネスは、「ブログ(サイト)運営を通したアフィリエイト」になります。

 

何故かと言うと、あなたが今脳みそにインプットされている、

得意とする分野を知識とし、全国の人々へ動画や文章で伝え、

それに繋がる商品を顧客に提案し、喜んで買ってもらうことで

あなたに報酬が発生し、Win-Winの関係を築くことが可能だからです。

 

すなわち、「あなたの知識をお金に変える」のに

一番適しているビジネスがアフィリエイトです。

 

前もって知って頂きたいので言っておきますが、

このアフィリエイトは「数ヶ月は収入がない状態」が続きます。

 

しかし、「一定の情報提供量と期間を超える」と継続的に

月に3万以上の収入をもらえるチャンスあります。

 

しかも、更新を続ける限り一回ではなく継続的に報酬が発生し、

あなたが運営するサイトはあなたの資産となるのです。

 

本業の収入を突破することも充分可能で、

運営するサイトを増やしていくことで資産も増えていき、

お金のことで心配する必要が無くなっていき、

本当に自分がやりたかったことが出来るようになる環境が作れます。

 

だから僕は、あなたにアフィリエイトを勧めるのです。

 

もしあなたがアフィリエイトの知識が無い場合は、

僕の配信するメルマガを読んでいただくことで

ある程度アフィリエイトの知識を身に付けながら

ブログ(サイト)運営を実践することができます。

 

僕は情報発信とアフィリエイトで食べていく道を選びました。

 

例え今アフィリエイトによる収入が無くても、

今まで少しずつ培ってきた情報をあなたに自信を持ってお伝えできると思います。

 

メルマガ配信は無料ですので、もし副業にアフィリエイトを選ぶなら

無料登録してみてください。

 

あなたの知識をお金に変えるお手伝いをさせていただきます。

 

何かあれば、お気軽にコメントくださいね。

スポンサーリンク