不満・後悔は成功の行く手を阻む

2019年4月4日

タイトルにある、不満・後悔。

これはあなたも僕も生きてきた中で必ずと言っていいほど経験があると思います。

 

中学・高校・大学を卒業するまでも、大人になってからも。

 

後悔は過去の事です。でもその過去を引きずって、

素直になれなかったり行動できなかったりして考え彷徨い、

結局まだ動けていないという人は多かったりします。

僕もその一人でした。

 

ここでは成功というキーワードを不満・後悔と繋げていきますね。

成功の定義とは何だろう?

まずは成功の定義について考えてみましょう。

 

人生の成功とは何でしょう?

・お金持ちになること

・自分のやりたいこと(夢・目標)が実現すること

・人より良い立場に行くこと

 

いろいろありますが、僕が考える成功とは、

 

自己満足度・幸福度が100%に限りなく近づくことを言います。

 

つまり、幸せになることですよね。

あなたもそう思っているかもしれません。

 

健康・時間・お金に不自由すること無く、

自分の好きなことができること。

幸せと感じられるレベルに達することです。

 

しかし、今の幸福度が100%に近い人はどれだけ居るでしょうか?

 

・・・かなり低いのではないでしょうか。

 

幸福度を上げるには全体的な不満を解消することが不可欠ですが、

一筋縄には行かないのも事実です。

その不満について書いてみましょう。

 

ここでは仕事と政治に焦点を当ててみます。

仕事の始まりから終わりのプロセスで出てくる不満

まず仕事。

 

僕は、好きでもない仕事を無理して行うことにものすごく抵抗を感じます。

無理強いされようなら尚更ですね。

 

やっていて楽しかったり苦じゃなかったりするのならまだいいのですが。

それでも、働かなければいけない理由があります。

「お金」ですね。

 

生活のためには無理をしてでも動かないと労働収入制では生きていけないからです。

故に、働いていると様々な不満が生まれてくるのも事実。

 

極端な例ですが、

天職でもない会社に出勤して働いて、

嫌な職場環境に8時間以上拘束されて、

疲れ果てて帰宅して、風呂入って飯食ってテレビ見て、

仕事の反動で他に何もやる気が起こらなくて寝て、

朝起きて歯磨いて飯食って出勤して・・・

 

これを週5~6日繰り返すのです。

 

僕は社会人になったときも上記のような状態でした。(パチンコは行ってましたけど)

不満については職場環境と安い給与体制にありました。

 

勤務時間は巷で言われているブラック業界よりはマシな方ですが、

運送会社で働いていたとき、会社までの車移動で30分。

勤務時間は朝8時~夕方17時までなのですが、

倉庫管理と事務と積み込み作業を並行してやっていて忙しく、

定時で帰れることがあまりありませんでした。

 

定時で終わったときは周りが帰ってないので帰りづらい雰囲気で、

帰ってもいいのに帰るのが申し訳ないという気持ちになってしまうことも多々ありました。

 

人間関係では、仕事の失敗で怒られるのは良いものの、

1つの失敗を根に持ってネチネチ言ってくる上司もいましたし、

あっさりしていても必要以上に厳しい先輩もいました。

 

休日出勤も2月に1回あり、その日は暇ではあるものの

会社に1日休みを奪われて好きなことが出来ずに不満になりました。

それで貰える手当も微々たるものです。

 

仕事でも度々行われる飲み会には無理して参加し、

好きでもないお酒を飲まされ会釈して回ったり、

聞きたくもない先輩の愚痴話に耳を傾け相槌を打ち、

「早く帰りてぇ~パチンコ打ちてぇ~」と

心の中ではつぶやいてました。

 

思ったことを口に出せない自分も居ました。

口にすると会社をクビになって収入源が絶たれるのが怖かったし、

他の仕事をできる自信が当時の僕には無く、

依存するクセもありました。

 

無知というのもあったし、勉強なんてめんどくさいなんて思ってて、

知識習得どころでは無かったです。

 

働く環境に将来の夢も希望も無かったですが、お金は欲しかったです。

でも、金持ちになる方法なんて金持ちと結婚して逆玉の輿になるか、

宝くじに億当選するしか無いと思うほど視界が狭かったです。

こうして当時の僕は少しずつ不満が積もっていきました。

 

ざっと僕の経験した仕事内容を書きましたが、

仕事の始まりから終わるまでのプロセスの中で、

様々な不満が生まれてしまってますね。

 

職場での人間関係・給与体制・労働環境などから色んな不満は誰でも出るんじゃないでしょうか。

 

政治に対する不満は拭えない

次に政治。

政府や議員の不祥事をテレビやSNSのメディアで見たり、

税金の無駄遣いをしたりするのを見たり、

国会中継で居眠りをしている議員を見たりしますね。

 

月に100万以上貰っていながら居眠りしてるのを見てください。ちょっと呆れませんか?

 

国会の義務で議題に関係ない議員も参加しなければいけないという

制度ならば仕方が無いのかも知れませんが、

僕は国会で居眠りするくらいなら、

議題に関係ない議員は他の仕事でもして社会貢献しろと思います。

 

僕は政治に関してそんな詳しくないのですが、

居眠りする議員さんを見るたびに思うんですよね。

 

国民が働いて収めた税金の一部が平気で居眠りしてる人の懐に収まるのを考えると、

不満が出てきませんか?って話です。

 

また、人の不幸は蜜の味と言わんばかりに他党を叩いている議員がいますが、

ぶっちゃけどーでもいい内容で叩いたり陥れようとしたりしてる議員さんも僕はクッソ嫌いです。

 

政治関係で情報操作をするマスコミも大嫌いです。

 

まず、他の議員を叩いてどうなるんでしょう。

議員を叩くより国を良くするための活動しろよと。

 

国民のために動かずに自己防衛に力を入れてぬくぬくと

お金を貰っている議員の事を考えてみると、腹立たしくなりませんか?

 

以上2つの不満について書きましたけど、

いくら腹が立って職場環境や政治に対して怒ったところで

自分の生活が良くなるわけでは・・・ありません。

 

人は人、自分は自分と、思考を切り替えて行きましょう。

 

今まで生きてきた中での後悔が行動の手を止めることがある

続いて後悔についても触れてみましょう。

 

今まで生きてきた中で後悔したことは沢山あるのではないでしょうか?

 

恋愛にしても、好きな相手に告白できなかったり、

選択肢を間違って大きな損失を出してしまったり、

自分の心ない言動で相手を傷つけてしまったり、

こうしなかったらああなったのに、なったかもしれないのに

という後悔が生まれてしまう事があります。

 

そしてそれらの後悔は脳みそに残ったまま中々離れない場合もあるでしょう。

 

すぐに忘れることのできる器用な人もいるので羨ましいですが、

問題なのはその後悔を今も引きずって行動できないことがある場合です。

 

僕の場合、過去に自分が口にしたことによる後悔と

プレッシャーが成功の行く手を長く阻みました。

 

ネットビジネスをやって稼ぎます!と先輩・友人・家族に打ち明けてから

8年近くが経過しても結果を出せていなかったので、

あの時あんな事言わなきゃ良かったなという後悔と、

稼がなければいけないというプレッシャーが

押しかかってきて何もできなくなり、

相談できる人も居らず、結果が出せないことによる

自己嫌悪と現実逃避を8年間繰り返して居ました。

 

他にも後悔した事例はパチンコと宝くじです。

 

宝くじについてはプロフィールの中盤くらいを見てもらえれば詳細が分かります。

高額当選した場合の落とし穴について書いてます。

堕落っぷりが半端ないです。

 

特にパチンコについては、どれだけの時間を費やしてきたか知れません。

 

18の頃から通っていて月に平均15日通って

平均8時間遊戯していたとすると、

2018年時点で僕は32なので、

8×15=120(時間)。

5(日)×168(ヶ月)=840(日)。

年数換算で約2年半を丸々パチンコに費やした計算になります。

 

仮にこの2年半の時間を勉強やネットビジネスに充てていたら、

もっと早く成功出来ていたでしょう。これも一つの後悔です。

 

では、どうしたら不満から開放され、

後悔を克服しながら成功の切符を手に入れることができるでしょうか。

不満解消の一番の薬は安定した継続収入である

一番の原因はお金です。

まずはお金が生まれる仕組みを知ることを学びます。

 

次にこのお金を自分自身の力で生み出すことができないかを模索し、それを実行します。

お金を自分で生み出せる力をつければどうでしょう?

それが毎月あなたが何もしなくても発生する収入だとしたらどうでしょう?

最高ですよね。

それができる一つの方法が、僕が推奨する「ネットビジネス」。情報発信ですね。

これができると会社にも行かなくて良くなるし、

仮にリストラされたりしても収入の柱が確保できていれば

怖いことはありませんし、ストレスフリーとなります。

 

そして、自分のやりたかったことが思いっきりできるチャンスが訪れます。

 

過去の不満は上手にネットビジネスに利用することも大きな武器となります。

 

不満があったらまとめたものをブログでぶちまけます。(もちろん会社名と実名は伏せます)

例えば会社が会社の利益のためだけに人を

奴隷扱いして使っているのであれば、

その事を情報発信としてぶちまけます。

 

すると同じような環境に居る人達がそのブログを見た時共感してくれます。

共感してくれた人に悩みを解決するものを

提案してあげれば、ビジネスとしても成り立ちます。

 

情報発信する人が一人でも多く増えて革命を起こせば

社会もどんどんいい方向に変わるんじゃないかなーと思うんですよね。

 

成功を阻む過去の後悔を克服するには?

過去の後悔もネタとしてぶちまけてください。

勇気が無ければ似たような例え話でも良いです。

 

そしてそれをビジネスと紐づけて、お金に変えることができます。

過去の失敗談や後悔も共感してくれる人が現れるはずです。

ネタは怖がらずに表に出すことで、あなたの信用も得られます。

 

どんどんあなたの脳みその情報をアウトプットして開示していくことで、

いつしか収入が入ってるなんてこともネットビジネス業界では有り得ます。

 

僕もこうやって経験談として情報発信していますので、経験を活かしてネットビジネスのネタとしてつなげて欲しいなと思います。

スポンサーリンク