ぬるま湯に浸かりっぱなしだと後で後悔する

僕は2018年現在、実家暮らしをしています。

2008年~2016年くらいまでパチンコで食いつなぎ、

 

2016年後半~現在までは週1のネットショップ管理と他のアルバイトで

生計を立てながら、アフィリエイトで食べていくように動いています。

 

低所得層でギリギリ食いつなぐ状態が続いている

現在の所得は低所得層であり、年間の収入は100万円以下で、

毎月の生活はギリギリです。

 

現在父が会社員として務めており、扶養控除申請により

所得税、住民税、国民健康保険料の支払いは対象外となっています。

 

しかし父も還暦を迎え、残り5年で定年退職というタイムリミットがあり、

いつまでもこの状態でいる訳にはいきません。

 

本気でアフィリエイトで食べていくために作業をしないと

ゲームオーバーになってしまいます。

 

遡ると会社務めを辞めてから早10年、

福利厚生とボーナスに無縁の生活を続けてきました。

 

仕事を辞めてから数年後、アフィリエイトでご飯を食べようと

決めてはみたものの、蓋を開けると

何でも自分で作業をやらないといけないし、

誰も作業内容を教えてくれないので、

見えない壁がいくつも立ちはだかり、

手が何回も止まってしまい、やる気が失せて

何もせずにゲームをしたりネットサーフィンをしたり

ダラダラ過ごしていたら、いつの間にか数年間が経過していました。

 

当時は資金繰りが分からず貯金を娯楽に使っていた

当時はパチンコで勝っていて貯金も少しはあったので、

なんとかなるだろうと高をくくっていた時期もあります。

 

資金の使い方がわからず、優先的に娯楽にお金を使っていました。

当時兄が神奈川に住んでいたので、貯金を使ってよく遠征に行っていました。

遊びに行くたびに10万は消費していたので、

今考えたらその資金をアフィリエイトに充てて稼げばよかったと後悔しています(笑)

 

宝くじに当たった時も娯楽を優先して浪費に走っていたので、

何やってたんだと、過去の自分を時々ぶん殴りたくなります。

 

宝くじで獲得したあぶく銭が消えかかった頃、

挙句の果てにはクレジットカードのショッピング枠を使って

無駄遣いをしたり、アフィリエイト関連の教材を買って

先行投資をしたりして、なんだかんだで200万程の

残高をつくってしまいました。

 

それからはクレジットの返済に追われるようになり、

なんとかしないといけないと自分を追い込みながら

日々を過ごしていました。(リボ払いは増えると本当にキツイです)

 

ぬるま湯に慣れると動きたくない病が発症する

それでも過去のぬるま湯に使っていた感覚が忘れられずに

ヤバイと分かっていても、途中でアフィリエイト作業を放棄して

ネットサーフィン、動画の視聴へついつい移ってしまいます。

 

完全にアフィリエイトの作業を放棄していたわけではありませんが、

物事を長い目で見る目が当時は無くて、

時々送られてくるアフィリエイト成功者のメルマガや動画を見ては、

自分も成功しているかのような錯覚に陥ることが何度もあり、

作業の手を止めてしまって「・・・寝よ」と、

うたた寝することが何度もありました。

 

やらなきゃな、やらなきゃなと思っていても、

娯楽に手が伸びてしまって制御できないこともありました。

 

それで自己嫌悪に陥って、現実逃避しようと

1円パチンコにふらふら通っていたこともよくあります。

 

それで、ふとした時に我に返り、今まで作業をしてこなかった事に後悔します。

 

その感情はアルバイトをしている時にフラッシュバックしてきます。

 

お金のために仕事をしている=まだ成功していないと認めなければならないからです。

 

僕はそれが結構悔しいんです。

 

理想と現実のギャップをもろに痛感する時

稼いでいない状態が長く続くと理想と現実の違いにものすごく格差を感じます。

 

海苔の仕事のときは、海へ出た時に佐賀空港から離陸する飛行機を見るたびに

「あぁ、稼いでいたら今ごろあの飛行機に乗って好きな場所へ旅行に行ってるのに・・・」

としょっちゅう思うし、

 

お金が無い時に友だちとアウトレットでショッピングに付いていったときは、

「アフィリエイトで稼いでいたら好きなもの何でも買えるのになぁ・・・」

と切なくなります。

 

築地市場があった時に友達と観光に行ったときは

「1万円の高級海鮮丼も日々頑張ってたら食べれたんだろうなぁ」

と、吉野家1号店の380円牛丼を食べながら思っていました。

(吉牛は吉牛で美味しかったですよ)

 

現在の自分の姿は極端に言うと、

ただ現実逃避をして言い訳を作り続け、

本気で行動せずにダラダラと過ごしていた事を象徴しています。

 

言い換えると、まだ親のスネをかじってぬるま湯に浸かり、

本当にピンチが見えていない状態で日々を過ごしている状態です。

 

結局稼げていないのは行動が足りないだけ

でもそんな中でもネットビジネス・アフィリエイトに関する

勉強は積み重ねてしてきています。

 

自分に足りないのはアウトプットであって、

できないはずはないんです。

 

やってないだけなんです。後はやるだけなんですよ。

 

ないものねだりになるかもしれませんが、

アフィリエイトビジネスの価値観が合う人と

出会っていれば、お互い向かうところが同じなので

上手くいってたんじゃないかと今でも思います。

2015年頃からずっとどこかで思っていたことです。

 

2019年3月に福岡で行われたA8フェスティバルに初参加して

改めて感じました。

 

そろそろ、ぬるま湯に浸かり続ける日々は

終わりにしようとこの記事を書きました。

 

PS.

はっきり言うと、ボーナス制度が今はとても羨ましいです。

今は30万使えるお金があればそれを100万以上に出来る自信があります。

これも一つの無いものねだりですね(笑)

スポンサーリンク