宝くじ当せんで兄とうなぎを食べに行ってみた

2019年4月19日

何かYouTubeみたいなタイトルになってしまいましたね笑

 

宝くじのロト7で3等が当たった当時、

お祝いに神奈川県川崎市の大沼という鰻屋さんで、

兄と2人でうなぎを食べに行ったときの画像です。

うな重と肝付きお吸い物を堪能。

 

当時は消費癖が強かった僕でしたので、

宝くじで当たった当選金はみるみる消費され、

やがて泡と化しました。

 

僕は今思いますが、1等が当たらなくて本当に良かったと思っています。

1等が当たっていたら6億円ほどのお金を手にしていたのですが、

只々あぶく銭を消費し、人生を終える前に全てを使ってしまって

逆に不幸になっていたかも知れません。

 

やはりお金を増やすには自ら知識を入れていき、

それを世に出すことを繰り返して資産を作って

お金を増やすほうが固いと思っています。

 

宝くじ当せん証拠画像は僕の無料メルマガにて紹介しています。

スポンサーリンク