社会勉強は経験するほど共感できるし人に優しくなれる

社会勉強の定義は社会に入って仕組みを学んだり、

他人との関わり方を学んだりする時に使いますが、僕の場合はちょっと違います。

 

僕の社会勉強の定義はお金の損失つまり、

被害を被った場合や警察に青切符を切られた場合など、

自分のお金を溝に捨てる状況に遭遇した時に言うようにしています。

 

人生経験とも言いますが、今回は社会勉強と書かせてください。

その社会勉強を僕の定義でお話していこうと思います。

管理人あきもんが経験してきた社会勉強とは?

警察のお世話に・・・

僕は今まで警察のサイン会場に6回ほど連れて行ってもらった経験があります。

 

1回目は地元でシートベルト違反(ネズミ取り)で捕まり-1点→公民館駐車場でサイン会

 

2回目は自宅への一本道で整備不良(右側ヘッドライト球切れ・パトロール中)+初心者マーク付け忘れ

結果、初心者マークで-1点罰金4,000円→パトカー後部座席にご招待頂いてサイン会

 

3回目は職場帰りに速度超過(ネズミ取り)で(19キロオーバー)-1点罰金12,000円→空き地でサイン会

 

4回目は仕事の移動中に一時不停止(ネズミ取り)で-2点罰金8,000円→パトカー後部座席でサイン会

 

5回目はアウェー地神奈川で兄の走る250ccのバイクを原付で付いていき、速度超過(ネズミ取り)で(23キロオーバー)-2点罰金10,000円→白バイ隊員サイン会

 

6回目もアウェー地長崎で携帯電話保持違反(ネズミ取り)で-1点罰金6,000円→自分の車で待機してサイン会

 

約4万円をお国のために送りました(笑)

4回目までは免許証が緑の時だったので点数が意外とやばかった記憶があります。

 

パチンコ屋の駐車場で・・・

パチ屋の駐車場では2つの事例があります。

 

社会人1年目の時、仕事帰りに立ち寄ったパチンコ屋の駐車場で

ヤ○ザっぽいおじさんが窓をノックしてきたので対応して鍵を開けたら

助手席にいきなり入ってこられて「ヤバイ!」と思いながら30分ほど居座られ、

終いに裏ビデオっぽいものを3,000円で買わされてその場を立ち去られました。

怖くてその間の内容は良く覚えてませんが、恐怖の社会勉強でした。

あ、ちなみに裏ビデオの内容は15分のモザ○ク入の薄いものでした。

しばかれなくて良かった笑

 

2つめ。

僕が仕事を辞めてぷーしてたある日の夜、

みすぼらしいじいさんがダイ○ム駐車場でウロウロしていて

 

じいさん「このちかくに長く居座れるお店はありませんか?」

と聞かれたので、

あきもん「ジョイフルならドリンクバーで長く居座ることが出来ますよ。寝なければ」

と答えて道案内してさよならしました。

 

しかしどうもそのじいさんの事が気になったので、

夜中ではありましたけどそのジョイフルにじいさんが居ないか

確認に行ったらいかにも眠たそうにコクコクしているじいさんがいました。

 

そのじいさんに挨拶して一緒に食事をすることに。

事情を聞くと、「お金がなくて横浜に帰りたくても帰れない。

博多に行けば知り合いが居るからなんとかなるんだけど」

と。

 

現地は佐賀県鹿島市。

博多までなら5,000円でお釣りが来るだろうと思った僕は、

じいさんを放ってけなかったので飯をおごった後に連絡先を聞き、

5000円をそのじいさんに貸してあげました。

 

そして見送りまでして一週間経った後にその後の経過について聞こうと連絡先に電話すると、

全然違う人が電話に出てくるではないか!

あきもん「○○さんのお宅ですか?○○さんお願いしたいのですが」

電話とった人「ウチは○○じゃないしそんな人居ないよ」とおばちゃんの声。

 

 

ダマサレタ!

 

 

飯をおごった挙げ句にお金まで貸してそのままバックレられて、

恩を仇で返されるとはこの事かぁ!

 

しかもぷーしてた時なので貴重な5,000円ですから精神的ダメージは結構大きかったです笑

 

後々思ったのが、警察に相談すれば良かったということ。

無知が生んだ社会勉強でした。

 

ボーナスが出た日の会社の飲み会で・・・

僕が勤めていた会社では、ボーナスが出た日は恒例の飲み会が行われていました。

楽しく飲んだ後は、上司からお楽しみということで風俗に誘われ、

これも勉強と思って渋々行くことに。

 

そしてそれが悲劇を生むことになろうとは。

 

怪しいお店に上司と入り、入浴料を先払いして「可愛い子を」と希望。

待合室へ案内され、待つこと数十分。

その間上司数人と待合室でほぼ無言の待機。カオス。

 

待ちに待って部屋へ案内されて出てきたのは・・・

 

 

一回り以上年上のぽっちゃりオバチャンだった。

 

 

その後のことは・・・お察しください。

 

 

約2万円が溶けてしまいました。

 

ネットワークビジネスの甘い勧誘に2度乗せられた結果・・・

社会人4年目まで、僕をパシリ扱いする友人(?)がいました。

わがままだし、都合よく行かないとすねるし何されるか分からなかったので、

正直彼とはあまり付き合いたくなかったのですが、渋々つるんでいました。

(親御さんはいい人なんですけどね)

 

そんなある日、結構名の知れているネットワークビジネスに勧誘されて入会するも、

稼げずに半年ほどで退会。

 

退会の理由は稼ぐことができなかった以外に、その友人(?)が

僕をカモとしか見ていなかったから。

 

その後、彼とつるみはめっきり減りました。結果オーライです。

 

もう一つのケースは、高校時代の友人。

彼はナルシストでプライドが高かったけど人当たりはまあまあでした。

そんな彼から約2年ぶりに連絡があり、

一緒に御飯を食べてドライブに。

そして、話を聞いてほしいと車で1時間のある場所に連れて行かれます。

 

その場所はサロン系の小奇麗なお店で、若い兄さんが話をしてくれました。

話せば長くなるので割愛しますが、要はダイヤと美顔器を会員になって約100万円で購入し、

どちらかを紹介すると紹介料がおよそ20%(約10万円)入ってくるというもの。

これもネットワークビジネスの一種でした。

しかし当時気が弱かった僕は、話に乗って100万円の商品をローン契約してしまいました。

 

契約したは良いものの、辞めたい感情が強かった僕はクーリングオフ期間が過ぎていたので

悩みに悩んだ結果、お世話になっている労働金庫に借り入れの相談をしに行きました。

 

相談した結果、労働金庫の担当者さんが消費者センターを案内してくれて、

後日消費者センターへ相談に行きました。

 

消費者センターの担当者さんは親身になって対応してくれて、

数ヶ月かかりましたが商品の返却とクーリングオフの手続きを可決してくれました。

 

最後に書類を事務所に届けに行くことになりましたが、

その若い兄さんに手渡す必要が有ったので何を言われるか怖くてたまりませんでした。

 

消費者センターの担当者さんのアドバイスで、

第三者を一緒に同行させたほうが良いという事だったので、

5,000円で仲の良い友人に付き添いをお願いし、

若い兄さんにボロクソ言われたけどなんとか書類の手渡しに成功して事なきを得ました。

 

その後の友人とのつるみは・・・もちろんお察しのとおりです。

 

他に経験した社会勉強もありますけど、長くなるので今回はここまでにします(笑)

 

社会勉強は他人に共有でき、人に優しくなれる

僕がこれまで積んできた社会勉強、経験をこうやってシェア出来るようになると、

他人に警鐘を鳴らす事が出来ますし、同じような経験をした人が居れば

意気投合して仲良くなることも出来ます。

 

そして、現在進行系で同じような経験で悩んでいる人に対してアドバイスをすることが出来ます。

自分が経験したくないようなものは、他人も経験したくない事が殆どです。

もしもシェアできるなら、それは優しさと言えるのではないでしょうか。

 

まとめ

人は情報を探している途中で甘い誘惑に誘われることが多々あります。

 

そんな時は今は検索が出来るので極力気になることは調べて

誘惑に乗るか乗らないかの判断が可能です。

 

誘惑に乗るか乗らないかはあなたの自由ですが、

乗るなら本当に信用できる人に絞るようにしたほうが良いです。

 

それでも不安なら、僕にメッセージください。

正攻法で収益を上げる方法を知っているので、何かしらのお役に立てると思います。

スポンサーリンク