仕事・副業・娯楽のバランスの鍵は仲間づくり

このサイトで述べている副業はアフィリエイトを主に指しますが、

アフィリエイトは資産形成を低リスクで行える素晴らしいビジネスモデルです。

 

正しい方法で努力した分、自分に報酬として返って来るビジネスなので、

やればやるほど結果が出ます。

 

しかし、それとは逆に怠けた分も自分に返ってきます。

作業を後回しにしていると、収入は1円も入ってきません。

 

仕事・副業・娯楽のバランスが取れると上手くいく

副業を本業並みまたはそれ以上の収入を生み出す資産に育て上げるには、

自分自身の時間を作業の時間に捧げなければいけません。

 

仕事で疲れて帰っても、副業を頑張る根気が要ります。

休日を返上して副業を頑張る根気も要ります。

 

しかし、毎度毎度副業に時間を充てていると自分自身がキツくなって

作業をやりたくなくなってくる事もあると思います。

(作業が娯楽並みに楽しいなら大いに結構です)

 

そういうときは自分の感情に素直になり、

この日は好きなことをすると決めて作業のことを忘れる日も結構大事です。

 

娯楽に夢中になりすぎて作業を先延ばしにしていると稼げなくなるので、

仕事の時間を除く、帰宅時と休日にできる時間を上手く使って

バランスを取る日々を続けることができればいずれ副業が

本業の収入を上回る日が来て、精神的にも金銭的にも楽になり、

本来やりたかったことができるようになってくるでしょう。

 

僕の場合は仕事・副業・娯楽のバランスが取れなすぎて

晒すのも恥ずかしいレベルです。

そのせいで約10年間上手く行くことはありませんでした。

恥ずかしいですけど、当時の僕が何をやっていたのかを少し書きたいと思います。

 

まずは趣味でもサイトを立ち上げる事から始めてみた

僕がアフィリエイトを知った当時の2010年頃、

パソコンでネットサーフィンをなんとかできるレベルで、

アフィリエイトで稼ぐための作業なんて全然出来なくて、

むしろアフィリエイトの意味から自分で調べるレベルからのスタートでした。

 

当時有名だった伊藤哲哉さんのアフィリエイト書籍を読んで基本的な仕組みを理解し、

なんとか収入を得たいと思っていた自分がやったことは、

無料ホームページスペースを借りて、趣味のサイトを作ってみることから始めました。

 

作業をする度に立ちはだかる見えない壁で心が何度も折れる

当時はHPスペースを借りるにしても、

ASPに登録するにしても、

グーグルアドセンスに合格するにしても、

メールサービスの使い方を理解するにしても、

 

何にしても分からないことだらけでしたので、

いつも不安と闘いながら作業をしていました。

 

一つの作業を覚えるのに1日かかることなんてザラです。

 

その一つの作業を終わらせると嫌になって娯楽に走ってしまうこともまたザラにありました。

 

それでも、ゆっくりひとつずつ、

頭が真っ白になりながら、

脳が拒否反応を起こしながら、

趣味のページを完成させ、グーグルアドセンスを貼って

広告収入を多少発生させる事ができました。

 

アフィリエイトビジネスの作業をボイコットしていた頃

当時の僕は、アフィリエイトの作業をするのがとてつもなく億劫でした。

(今も少し億劫ですが)

 

趣味のサイトを立ち上げると、それ以降記事を書くのをサボってしまい、

パチンコへ良く逃げていました。

 

当時は結構勝てていたので、アフィリエイトの作業を疎かにして

童話「アリとキリギリス」の、キリギリスの如く遊び呆けていました。

 

その結果、作ったサイトの評価がどんどん落ちていき、

少しながら発生していたアドセンス報酬もみるみる減っていき、

そのサイトの価値が無いに等しい状態になってしまったのです。

 

自業自得ですが、それを体感してサイト作成のモチベが下がり、

しばらく娯楽に逃げてしまっていました。

 

①「作業はまた明日にしよう。」と自分に言い聞かせて

パチンコに走りました。

 

②でもその次の日、作業しなきゃいけないのに

「作業は夕方やればいいや」と後回しにして

朝からパチンコに行ってました。

 

③そして作業をする夕方がやってくると、

「もうちょっと遊んでくか。作業は寝る前でいいかな」

なんて自分を裏切ってしまい、閉店間際までパチンコ屋に

入り浸っていました。

 

④そして長時間座ってパチンコしてたので疲れてしまい、

帰ってきたら飯と風呂を済ませ、

「ああ、今日は作業せずに終わっちゃったな。また明日があるから良いか」

と、するはずだった作業をボイコットして寝てしまいます。

 

①~④のサイクルをかなりの頻度で繰り返していたため、

娯楽=作業ではなく、

娯楽>>>>>>>>作業

となってしまっていたので、これでは

アフィリエイトで稼げるはずがありませんね。

(僕は当時パチンコで生計を立てていたので仕事の概念がありませんでした)

 

それで時間だけが過ぎていき、その間にも日本全国で作業をして

アフィリエイトで稼いでいる人が出続けている人をネットサーフィンで

指を加えて羨ましがっている自分がいました。

 

無駄な時間を過ごし、作業を怠っていた事をよく後悔していました。

 

このサイクルが長いこと続いたので、

修正するのに結構時間がかかりましたよ。

 

あきもん自身がアフィリエイトの成功が遠ざかっていた原因がこれです。

 

何でも独学でやろうとした。故に限界に達する

もうひとつアフィリエイトのスキルを鈍らせた原因として、

何でも独学でやろうとしたことです。

 

インターネットを使っての作業は孤独で行うことが多く、

当時は情報弱者を騙す詐欺師がネット上にウヨウヨしていたので

ネット上のコミュニケーションでは人を信じることができずに

リアルな仲間を作りたくても作れずにいました。

 

相談相手もいないし、する自信もありませんでした。

 

更には当時はプライドが高く、イキって成功者を妬んだりばかにしていました。

よって、聞きたくても聞けない状況を自然に作ってしまったのも、

スキルアップの妨げになった原因です。

 

その点では、先日お会いした僕より二回り以上年上であるIさんは、

年下の僕に対して素直に知識を学ぼうとされていたのですごいと思います。

正直、頭が上がりません。当時の僕に耳元で言い聞かせてやりたいです。

 

今の時代はインターネットで簡単にコミュニケーションが取れる

インターネットが浸透していなくて詐欺師が多かった当時に比べ、

インターネットが常識化した現在は日本全国のユーザーと

コミュニケーションを取ることが容易になりましたね。

 

同じ道を目指す同志も昔に比べて探しやすくなっていますし、

田舎であっても成功できるチャンスが増えてきています。

 

僕もA8ネットのおかげで、アフィリエイト関係のIさんと

知り合いになることができましたし、行動してよかったと思っています。

 

同業者で相談できる人と出会えると、

その道で上手く行く可能性が格段に上がります。

 

しかも、その人が自分と同じ立場にいたりすると

同感できるし、意気投合しやすくなり、

仕事・副業・娯楽のバランスが取りやすくなります。

 

孤独は成功を遅らせる一つの原因でもある

当時僕が成功出来なかった原因は、

アフィリエイトで何でも話せる人が居なくていつも孤独だったことです。

 

自分自身で何をするかを決め、行動する必要がありますが、

そのスキルが当時の僕にはありませんでした。

 

しかし、叱責激励できるような同志が一人でも居ればどうだったでしょう。

 

アフィリエイトの知識を早く身につけ、前に進もうともっと早く

行動できていたのではないかと今は思います。

 

先日Iさんとお話していた時に仰っていた一言が記憶に強く残っています。

「1つの頭よりも複数の頭があったほうが早く解決に導かれる」

と。確かにな~と納得しました。

 

PS.

この記事を読み返していると、当時の僕って相当な

怠け者であることが改めて認識でき、深く反省しています。

 

これを読んでくださっているあなたには、

当時の僕のようにならないで欲しいと切に願います。

スポンサーリンク